Animal Musician 海(KAI)の「全てはHadou」

祝詞で動物とコラボするアニマルミュージシャンを目指す!
国内外でスピリチュアルな修行と量子力学を学んできた海(KAI)が、
様々なジャンルについて書いてます。


テーマ:

どうも海です^^

身様お久しぶりです。
今日は、ニャンコとワンコに与えては行けない栄養素を、軽くお伝えしますね。
 

理想的な栄養バランス

肉食に近い雑食動物である犬と、完全な肉食動物である猫。健康状態を保つために必要となる栄養素のバランスも、人とは異なります。

犬や猫にとって理想的な栄養バランスの基本は、「高タンパク」「低炭水化物」です。

犬や猫は、人と比べて多くのタンパク質を必要とします。また、人と違い、炭水化物を多くとるようなしくみになっていません。特に猫は、より多くのタンパク質を必要とする一方で炭水化物の消化は苦手です。

犬や猫に与えてはいけない食べ物

人間が食べる食品のなかには、犬や猫に与えると健康に悪い影響をおよぼすものがあります。また、ほとんどの犬や猫は人と比べて体重が少ないため、人にとってはわずかな量でも、犬や猫では大きな影響を受けることがあります。

ネギ類

ネギ類

玉ネギ、長ネギ、ニラなどのネギ類は、血液中の赤血球が壊れてしまう「溶血性貧血ようけつせいひんけつ」の原因になることがあります。加熱しても毒性があるため、注意が必要です。また、ネギ類そのものを摂取した場合だけではなく、ネギ類を含んだ食べ物の煮汁などを摂取した場合でも同様の危険があります。

チョコレート・ココア

チョコレート・ココア

チョコレートやココアなどの原材料として使われる、カカオに含まれるテオブロミンという物質が原因で、嘔吐、下痢、不整脈、痙攣などを起こし、摂取量によっては死に至ることもあります。実際に、250~300gのチョコレートを食べた犬の致死例が報告されています。

鳥の骨

鳥の骨

鳥の骨は、割れると縦の方向に裂ける性質があります。割れた鳥の骨を飲み込むと、食道などの消化器を傷つける原因となるので注意が必要です。

ブドウ・レーズン

原因物質は特定されていませんが、犬や猫にブドウやレーズンを与えると腎不全を起こす危険があると報告されています。
※ブドウから抽出されたポリフェノールについて:抗酸化成分であるポリフェノールをブドウから抽出したもので、安全性が確認されています。

キシリトール

人用のガムなどに含まれるキシリトールは人では吸収されませんが、犬では吸収されてインスリンの分泌を刺激し、低血糖症などを起こすことが知られています。

 

 

 

まだ他にもいろいろとあるのですが、上記の栄養素を与えないように気をつけておけば、大事には至らないはずですので、今日はとりあえず、上記の5点を押さえました。この5点は、意外とニャンコもワンコも口にしてしまいますので、気をつけてくださいね。

鳥の骨はニャンコもワンコも、特にワンコは大好物ですので、特に気をつけてくださいね。

 

それではまた。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

我が家の3軒ぐらい先の豪邸にお住まいのコです(´∀`)

名前は分からないのですが、多分女の子です。

とても御利口さんで、お行儀が良く、御上品な娘です。

この辺りは、豪邸で飼われているンだけど、なぜか放し飼いのニャンコが多いので、猫が大好きな私としてはたまらなく素敵な街ですね。

多分、この辺りの道は、至る所がとても道が狭く、車がスピードを出せないのと、すぐ近くに小学校があることもあり、雰囲気がホンワカしているので、猫にとっても飼い主さんにとっても、とても安全な街なのでしょうね。

 

この娘はいつも窓際にきて、私を呼んでくれるのですが、絶対に私の家の中には入ってこないし、お食事中もとても御上品に食べるので、どのように躾けたのか不思議なぐらいです。

いつも仄かにシャンプーのにおいがして、毛並みが大変良く、触るだけでとてもいやされます(▰˘◡˘▰)

 

ところで毛並みですが、猫は人間と会話する事ができませんので、調子が悪いと言葉で伝える事ができません。そんなときは、ニャンコの毛並みをチェックすると良いですよ。

 

猫の毛艶が悪くなる考えられる原因としては、大雑把には、以下のようなことが考えられます。

 

1.老化

お歳寄りの猫は、やはり若い猫と比べれば毛艶は悪くなります。コレに関しては食事などで毛艶を取り戻すしかありません。

 

2.口内炎

猫も人間同様に口内炎にかかってしまうことはあります。人間でも口内炎がある時はあまり食事をしたくないように、猫も口内炎があると食欲も無くなり、毛づくろいをする気になれなくなるのです。

 

3.栄養不足

猫の毛艶を左右する大きな要因がやはり栄養です。この栄養が偏っていたり、不足している状態だと当然ですが猫の毛艶も悪くなりますし、その他の病気にもなりますので栄養管理には気をつけましょう。

 

4.皮膚の乾燥

部屋が乾燥していたり、水分不足だと人間も皮膚がカサカサする感じを覚えますが、これは猫においても同じ事です。特に冬場は乾燥しやすいので、猫を飼っている部屋の湿度には注意して、脱水症状を起こさせないようにしましょう。

 

5.内臓疾患

内臓系、つまり病気であるために毛艶が悪くなります。もしも、猫の毛艶だけでなく、元気が無い、食欲が無い等で他にもおかしな点があればすぐに病院へ連れて行きましょう。

 

やはり、猫の毛艶が悪い原因を特定するのは素人では難しいので、一番良い選択肢は行き着けの動物病院で診てもらうことです。素人判断で「大丈夫だろう」「何とかなる」と判断すると最悪手遅れになることも稀にあります。

飼い主の方の素早い判断が、猫の毛艶だけでなく、健康と命を守る事になります。

 

 

 

 

 

 

早く自分のコを家族に向かい入れたいです。

ニャンコと豆シバを家族にしたいですね(▰˘◡˘▰)

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも海(かい)です^^

 

 

前回は今回のタイトルとは逆の、ニャンコがドッグフードを食べても大丈夫なのか?

でしたね。

 

前回のブログで御伝えしましたが、猫は体内でタウリンとアラキドン酸を合成することができません。ですので、キャットフードにはこのタウリンとアラキドン酸が豊富に入っており(その他の栄養素もたくさん入ってますよ)、体内でこれらを合成できる犬にとって、キャットフードはタウリンが過剰だということになります。ようするに、キャットフードはドッグフードに比べて高カロリーなのですね。

 

また、キャットフードはドッグフードに比べて味が濃く、塩分などが多めに含まれています。

そのため、犬にとってもキャットフードはとてもおいしく食いつきが良いのです。

ですので、犬にキャットフードを与え続けると、肥満になってしまう可能性があります。

 

塩分を過剰摂取した場合、いつまでも体内に留めておくわけにはいきませんので、尿として体外に排出することになります。このときに、多少なりとも腎臓に負担がかかってしまいます。犬に、キャットフードを長期にわたって与え続けると、常に塩分過剰になりますので、腎臓に負担をかけ続けることになってしまいます。結果として腎臓が疲れてしまい、機能障害を起こしてしまいます。

 

前回は、猫にドッグフードを与え続けると、栄養不足になるというお話を前回しましたが、犬にキャットフードでは逆の栄養過多で、その結果、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしてしまったり、癌をはじめとする成人病の原因になってしまったりします。

 

また、人間はタウリンを過剰摂取しても、尿や汗などから排出されますので、過剰摂取による副作用などは出ないのですが、汗をかけないワンコは、タウリンに含まれるプリンタ体やコレステロールが体内に残り、これらの物質が、後々病気を引き起こしてしまう可能性があります。

また、タウリンは胃腸の働きを高める作用も持っています。これは人間にとっては程よく、丁度良いのですが、犬にとっては、胃腸の働きが過剰に強まると、人間以上に多くの胃酸が分泌されてしまい、そのため、過剰摂取してしまった場合、胃酸を大量に分泌してしまって、胃炎や潰瘍などのような病気になってしまうこともあります。

 

ワンコはとてもデリケートですよねウインク

 

一方、犬種(スパニエル、レトリバーなど)によってはタウリン不足と拡張性心筋症の関係性が指摘されていますので、スパニエルやレトリバーなどは、猫と同様に、タウリン補給が必要のようです。ですがキャットフードは犬にとっては塩分が高いので、キャットフードは与えない方が良いでしょう。

 

また、アラキドン酸の過剰摂取による危険性ですが、動脈硬化やアレルギー性湿疹、アトピー性皮膚炎など肌にあらわれる症状があります。その他、大腸や前立腺、皮膚のガンを発症するリスクが増大します。

 

犬は食事でアラキドン酸を合成できるので、外部から無理にたくさん摂る必要はないでしょう。

また、高齢犬は、アラキドン酸を外部から摂取しても良いでしょう。痴呆症状などに良いからです。

 

 

 

 

 

 

それではまたあせるおばけくんあせる

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

結論を言えば、たまに食べたり少し食べる分には問題ありません。

しかし、猫と犬は違う種類の動物ですので、体を維持するために必要な栄養素も異なってきます。、ドッグフードでは補えない、ニャンコに必要な主な栄養素は、タウリンとアラキドン酸です。タウリンは動物の体の働きを助ける必要な栄養素で、これは、人や犬は体内で合成することができるのですが、猫は合成できないのです!そのため、食事から摂取しなければなりません。

 

タウリンが不足してくると、特に、目(網膜萎縮)や心臓(拡張型心筋症)、 その他、肝臓や、生殖機能に影響を及します。

 

 

次にアラキドン酸。これも人間や犬は体内で合成できるので必要ないのですが、猫は合成できないので、やはり食べ物から補わないといけません。

人間や犬は、リノール酸からy-リノレン酸と変換し、そしてy-リノレン酸からアラキドン酸へと合成できるのですが、猫はy-リノレン酸からアラキドン酸へと合成することができないので、食事から摂取しないといけません。

 

このアラキドン酸が不足してくると、脳機能や皮膚、被毛の状態に悪影響を及したり、繁殖機能や血液の状態なども悪化してきます。

 

このように、猫にとってドッグフードは、悪い栄養素があるということではなく、どちらかというと必要な栄養素が足りないのが問題なので、ニャンコとワンコを飼っておられる方は、ニャンコにドッグフードを与えても構わないでしょう。ニャンコにだけ、タウリンとアラキドン酸を補う栄養素を与えてあげれば良いと思います。 タウリンとアラキドン酸の多量摂取もまた害となりますので、ドッグフードを与えた場合は、ワンコにはプラスの栄養素を与えない方が良いでしょう。

 

次回は逆の、ワンコがキャットフードを食べても大丈夫なのか?

とタウリン&アラキドン酸の多量摂氏による害(ニャンコはそもそも合成できないのでこの病気の心配は無いですよ)を書きますね猫犬ハムスター

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

はじめまして。海(カイ)です海

 

チャネリングやリーディング、クレンジングなど、スピリチュアルなセッションをしています。

 

HP⇒ サイキック陰陽師「海(カイ)のスピリチュアルセッション」

 

ご興味ある方はぜひ!ご鑑定のお申込みお待ちしてます。

 

にゃんとも素敵な木漏れ日だニャンねこ

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。