恋を歌に 音に息吹を

鶴田流琵琶奏者 熊田かほりのワールドへようこそ。

琵琶に生き、琵琶に歌い、琵琶に恋し…

もう一度生まれ変わっても、琵琶と共にありたい。


テーマ:

わが師が、お仕事でおふらんすに行ってしまわれました。

…さびしい。

お稽古に行けない間、どんだけひとりで練習するかが鍵。

がんばらなきゃと思いつつも、やっぱりさびしいので

先生のCDを聞いている昨今。

「敦盛」

もはやスキルやテクが凄すぎて何もいえない。

そしてそれ以上に

何でこんなに、私はこの演奏に癒されるのか?

その理由が、全然ワカラナイ。未だもって不肖の弟子。

間合いや音の構成が、心に迫ってきて

でもそれは決して押し付けがましい音ではなく

ひとつひとつ、自分の心の箍を優しく易々とはずして

すーっと体にしみこんでくる。

そんなかんじ、先生の演奏は。

元気な時には聞けても、落ち込んだときやぐったりしてるときには

聞けない曲ってあるじゃないですか。

とんがってて、角張ってる曲。

琵琶は、そういうことがないっていうか。

平時に聞くと元気付けられるし

落ち込んでるときに聞くと癒される。

いまだそれが自分にはフシギ。

そういう音だから、四六時中琵琶に携わってても、

私は飽きないんでしょうね。

そんだけ私は琵琶狂いってことで。苦笑

そして、マイ師匠をこよなく愛しております。(いつも告白してる…)

せんせい…!はやくかえってきてください!!!

さて。水無月演奏会でつつがなく新曲「Blueishi Lagoon」と那須与市を

披露した後も、なかなか慌しく日々をすごしておりまして。

ハートクラッシュな出来事なども色々あったりしたのですが

そんな中で耳にした、ちょっと嬉しかった話をおひとつ。

近年聞かなくなった、まるで少女マンガのような武勇伝。

そんな出来事を、私のある後輩は

ちゃっかりしでかしていたらしいです。

なんて男らしい!いや、漢らしいといったほうがいいのかナ。

とにかく、私の中で彼は、

温厚で人当たりのよい、「よいこ」としての認識しかなかったので

時に激しくですね、ホントに少女マンガに出てくる

ヒロインの憧れの恋人…みたいな恋愛をしていたとは

思ってもミズ。寝耳に水。

話を聞いて、「君は偉い!」と思わず言ってしまいました。

雄雄しい女性が増えて、女々しい男性が増えてきた現代社会ですが

やっぱり肝心な時には

男性には男性らしくあってほしいと思ってしまう

そんな私は姐によると、さらわれ願望持ちらしいです。

「いつかすてきな王子さまが…」っていうんじゃないけど

「俺について来い!」的に、ぐいっと自分のほうに引っ張っていこうとする

そんな男性に、確かに弱いかも知れません。

引力に弱いんですね。

私はあくまで、林檎でありたい思っております。

地球に恋して落下。

ころりん。

いやーシカシ。

すてきな武勇伝聞いたなあ♪

いいコイバナを聞くと、自分もぽっとなってしまいますねえ。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

約一週間ぶりの更新。

東京の皆様、お元気でしょか??

日本史のキャオリ先生として任について、ようやく一週間が終わった。

なんとか一週間を終えてみて分かったこと。

私って……

順応力が高かったんですね。苦笑

すっかりどっぷり、先生生活に馴染んでおります。

毎朝550分起床、6時半までにご飯を食べ終え

710分には、モウ学校に着く。

まずは、朝早くから自習や課外に来てる子たちと

教室で会話したりしてから、控え室で自分の教材研究。

825分からの朝の職員会議に出て、

そのあと、HRに行く。

朝のHRは、既に一回持ちました。

朝の挨拶とか連絡事項とかだけだけど

ウチの学校の生徒はしっかり聞いてくれるので、とっても楽。

私の在学中には、普通にいろんな種類の生徒がいる学校でしたが

今は、県下一の平和な学校になってしまったらしく

盗難もなければ事故も喧嘩もない。

いたって平和な学校生活。

生徒は先生にはとにかく素直で従順。

おかげさまで、とっても平和な先生生活です。

水曜日からは毎日授業もシッカリやっております!

なかなか評判もよく、わかりやすいと言って貰っているので

うれしい限りで。

身振り手振りが面白いとか、声が聞きやすいとか

とにかく、褒められるとドンドンやる気になるチヨなので

毎日の教壇は戦いだけど、楽しいっす。

もうホント、琵琶弾きチヨさんなんか、

お亡くなりになったカンジ。

って、それは真っ赤な嘘ですね。苦笑

まだ一週間目だから、様子見してたんですよ。

ウフフフ。

水面下では、シッカリと生きています、琵琶弾きの本性。笑

私には、実習中に学校で琵琶の会を開いてもらうという、

目標がありまして。実はね。

でも、小さな社会だし、田舎だし

ただでさえ学校のお荷物である実習生の癖に

目立つこととしちゃったら

保守派の先生方から、非難ゴウゴウになるっていうのは、百も承知。

母校だし、体制は良く分かってます。

学校というところほど、旧態依然な場所はない。

だから、半ば諦めてました。

先週の打ち合わせの感じでは、そんな私の勝手は

まったく許される雰囲気じゃなかったので。

だから、折角琵琶を持って帰ってはいたんですけど

全然練習とかする気にならなかった。。。

しっかし、琵琶を省いた生活なんて

私の中では、生活としてすら、成り立ってないんだなあと

気付いたのが水曜日。

教材研究そっちのけで、帰宅するなり弾きまくってしまった。。。

だって、だって。

夕方、部活指導して、翌日の教材研究して

19時過ぎてから学校を出ても。

まだ何か、やり残した感じがあるんです、心に。

毎朝早いから、疲労を感じていることはいるんですけど

ホントに、ホトホト疲れた!って感じじゃない。

寝るには、まだなにかが、足りない。。。

考えてみたら、普段東京に居る時は

1822時って、琵琶の練習してる時間なんですよ、ほぼ。

だから、授業終る→琵琶弾く という生活習慣

私の中には既に息づいてて。

琵琶以外のことは、上手い具合にこなす、という私のスタイルは

こと、教育実習に関しても、そうらしく。苦笑

なので、他の実習生がヒーヒー言って教材研究してる脇で

私は、東京の天気はどうかなあ、とか

サークルのみんなはどうしてるかなあ、とか

今晩の夕飯なんだろー?とか

とにかく、時間的にも心理的にも余裕があるのですよ。笑

それが、水曜日には既に、爆発したんです。

やっぱり、学校でも琵琶をみんなに聞いて欲しい!

と、いてもたっても居られなくなってですね。

木曜日に、教科指導担当でもある恩師に、相談したら。

すんなりオッケーが出た!!!!

月曜日は、実習生に対して角張っていた先生方も

日が経てば段々、認めてくれてきた感もあり、態度が軟化したのかな。

他の先生も賛成してくれました☆

ということで…

特別課外びら

(背景画像は、琵沙門のハイリキ先輩が以前に作成されたのを、

再利用させて頂きました!感謝!!!)



これを月曜日の職員会議で配りましてね、

いざ、火曜日の放課後!!!

全校から希望者を募って

会議室が、今度の私のステージですよ☆

アー、やっぱりこうでなきゃ。

琵琶がなきゃ、始まんないっすよね、どこで生きてたって。

こんなことばっかりして、教材研究はどうした!とか言われそうですが

ソコはモチロン大丈夫です。

琵琶を弾く時間を捻出するためには

効率よく、どんなことでも頑張っちゃいます!

決して、教師の本分を疎かにはしてません、

ただ、教師生活に生きがいを持たせるためには

指導+自分の得意分野で学校に貢献、とかいうことを

大義名分として、ちょろっと考えたり。

とにかく、後輩である生徒たちと、恩師の先生方に

聞いて欲しい、そっちが本音ね。

さあて、色々頑張るチヨーーー!!!!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

さて、明日はいよいよ水無月演奏会。

私が水無月に出演するのも、これで3回目か。

年齢を感じるなあ。苦笑

来年の水無月演奏会には、果たして出演できるか分かりませんが

出来るだけ、琵沙門の演奏会には出演し続けたいと思っています。

大事なホームグラウンドだしね。

さっき、サークルの後輩に

「早く琵琶の師範になりたいよ~」と言ったらば

「そうなったら私は、先輩のところに通います。」だって。

愛いヤツ!ういやつ!!!!

最近、後輩が可愛くて仕方がないのは、おそらく、

サークル内に私と同期の人、もしくはそれ以上の人が居なくなってしまったため、

周りは全員後輩、という現在の状況

この心理を引き起こしているのだと思います。

まあ、最高学年だしねー。

みんな私を立ててくれるし、気遣いを忘れないので

とっても、じいーんときてしまう。

みんな愛い愛い!!!

思えば、大学で過ごす最後の季節。

来年度に仮面院生(アヤシー)になれたとしても

大学生、というのはもう、今年だけですからね。

そう思うと本当に、感慨深い。

そして、思う存分やりたいことをやりつくさねばって、思う。

来年は紛れもなく、私の立場はOG

殆ど口出しも出来ないだろうしね。

あああ、この3年間、早かったなあ。

あっと言う間にここまで来てしまった。

でも、その時その時を、生懸命駆け抜けてきた大学生活は

概ね自分を肯定することが出来るので

ココロがとってもラク。

高校の3年間は、挫折と後悔ばっかりの暗い記憶なので

ほんとに、大学生活をこんなに満喫できて、うれしいんです。

これから、どんどん歳をとるのが早くなるんだろうケド

悔いのないように、自分に自信を持って、進んで生きたいね。

ウン。

そしてそれは、琵琶を極めるってことに直結するんですが。笑

私ってホント、琵琶ばっかりだね。

琵琶と出会って、自分のことがだいぶ好きになれたって部分があるので

これからも琵琶を突き詰めたいって言う気持ちが強いのかも。

とりあえず、今後の琵琶がらみの予定など。

6月:水無月演奏会、琵琶コンテープ審査、教育実習

7月:教育実習先で演奏、テスト

8月:平家を聞く会、琵琶コンへ向けて稽古

9月:琵琶コン(出れれば…)

10月:結婚式、韓国遠征

11月:秋ライブ、霜月演奏会

12月:和宴

ううーん、いっぱいやることあるなあ。。。

楽しみだなあ。

あと「卒業しちまうぜ!演奏会」とか「卒業ライブ」とかも考えてるしね。

ビバビワちよ!!!

あ、そうそう。

今日でウチの長女、ちょメちゃん1になりました☆

その記念かどうかわかんないけど、

3冊目のブログ本も届きました。

なんと、総頁数、270ページ…!!!電話帳並みの、ブ厚さ。。。

こんなに書くことがあったのか、私。。。。。

最近、定期的に記事を書いてないので

4冊目はいつ出来るかわかんないけど

年内中にはまとまるかなあ?もっとかかるかしら。

とにかく、冊数を増すごとに、ページ数がどんどん増えてて

自分で自分が怖いチヨです。苦笑

さて、今夜はゆっくり休んで、明日シッカリと弾こう。

明日は新しい浴衣を、着物っぽく着る予定なので、

楽しみでもあり、着付けが面倒というのもあり…汗

おニューの浴衣は、地色は山吹色の縦ストライプで、

ターコイズブルーとマゼンタの菊の柄があしらってあるんですけど。

それに、桜色のレースの帯と、透明なレースあしらいの兵児帯

2本締めにして♪

あー楽しみ。

こんなに演奏会が楽しみなのって、初めてかも。

余裕があると、楽しむっていう思考が出てくるんですね。

ウム。明日はとにかく楽しもう。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

前の記事の続きから。

で、Raindropは。

やっぱり、リクエストどおり、やってよかったなあ。

4枚きりのアンケートの反応が、揃って良いと書いてありました。笑

この曲、私の初めてのオリジナル曲なんですけども

…本人は、何故そこまで評価があるのか分かってないです、汗。

まあCDにも入れたしね、皆さんこれからもどんどん聞いてください!!!

4曲目、タイトル長いので、関係者内での通称は「トワ」。

これ、3月の、琵沙門弥生演奏会の時の新曲だったのですが(ベンズじゃないよ!)

今回のライブのMCのときに、初めて曲の内容を明かしたんですけど、

実は、ゆん姐さんのために書いたものです。

旅立つ君に、な曲のつもりだったんですけどね。

マイパピーが初演の際、「歌詞もタイトルも意味ワカラン、声が良くない、ツマラナイ」と

あまりに酷くけなしたもので…

私としてはもう二度と演奏したくない気持ちになったんですけど。。。

ある可愛い後輩が、「とってもよかったのに・・・。」と言ってくれたので立ち直りまして

今回、また演奏してみようという気になった曲です。

でもさ!意外とお客さんの反応は良かったんですよね!これが!

なんだよ~オヤジの言葉なんか真に受けるんじゃなかった~苦笑

これからもやり続けましょう。ネ。

MCのときに、思わず韓国を思ってしたのは、

ライブに来てくれたお客さんだけが知っている…うふ。

そんで、5曲目の古典、「敦盛」ですが。

>ちょっと趣と声色が変わって、服装は変わらず

この表現、超ウケタ…そりゃあ着替えられないですから。笑

古典の時は、やっぱり創作のときと、全然声も雰囲気も変わりますよね。

そこのギャップにね、魅力を感じていただけたら、これ幸い☆

やっぱり、一曲は古典をやったほうが、

変化もあるし、会場がしまるので、いいですね。

古典をやると、自分の中のバイオリズムが引き締まるし。

で、最後の、通称「アオスミ」

りゅうくんによれば、なにかがヤバイらしい。

まあ、これはキーボのチカラがかなり大きいですけどね。

でも作曲したのは私よっ!!!(なんのアピールだ)

ひたすら、キレイさにこだわって作った曲だったので

これからもずっとやり続けるでしょう私の永遠のテーマを扱った曲だし。

これはかなりニッシーとやりこんでるので

お互いを見なくても、息を合わせられるくらいなんですよ。

ウン。

私がどんなに弾こうとも、ニッシーはついてくる。

そんな、ふたりのテーマ曲。。。笑

回を重ねるごとに、より深く……   じゃぽーん

んで。

打ち上げでもおやりゅうくんが一貫して言ってくれてたことは、

とにかく私のスキルが上がったということでした。

自分では、全然わからないんですけどもね。

学年が上がるに連れて、目に見えてのスキルアップが

分かりにくくなってきたのもありますし

身近に、気軽に話せる琵琶レベルの人が居ないので(あたりまえか)

全然自分では、どうしたもこうしたも、わかってなかったのですがね。

最近の先生とのお稽古では、歌ばっかりやってるし。

でも、琵琶スキルが上がったっていうのは

ミミッシュさんにも、打ち上げでご指摘いただいたしなあ。

うーん。

自分の曲で色々なワザを開発するうちに、スキルアップしたんだろうか。。。

とにかく、岡目八目ということで

ご指摘、ありがたく戴いておまする!!!

いやーそれにしても

おやりゅうくんとは、まだ知り合って一年も経っていないのに

だいぶコアな付き合い方をしている気がする…友よ!!!ww

私の演奏会には欠かさず遠方より来てくれる、いいヤツなんですよ。うるうる

来年度の育成会53期生に、一緒になれればいいんだけどね~

もう10ヶ月内ないぞ!がんばろう!!!  って私が落ちたりして。。。ビクビク

育成会に入ったら、琵琶×尺八のユニットで、色々やりたいんだよね~

作ってみたい尺八の曲があるのだ!

りゅうくん、がんばって一緒に昇ろうぜ!!!!

という、和楽器魂の交流。笑

とにかく、アツーイレポをありがちよ♪♪♪ toおやりゅーぶらざー

あああ、なんかもうこれだけ書いたら今夜は満足したので

寝まふ。

おやすみーん♪

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先週から更新をご無沙汰しております (^_^;)アセアセ

ライブは無事終えたものの
土曜日は先生の演奏会のお手伝い、日曜日は演奏のお仕事と
なかなか余裕がありませんで
体力もホトホト限界に達しまして
昨夜から今朝にかけて、12間ほど死んだように熟睡し
ようやく、元気を取り戻した今日のチヨでした。

ライブ後より、様々な方面で皆様に反応を頂き

どんな反応も、とてもうれしい限りなのですが

…いかんせん、それに反応を返すだけの余力が、私にない…

こんなふうな琵琶の活動は、確かに私のメインですけども、

今現在の本分は一応学生でして…学校にも行くし、バイトもしてるし…

携帯メールならば、即レスなのですが

ネット上やパソのメールですと

受け取った時の私の体調や、時間帯によっては

大変お待たせすることになってしまうのが、大変心苦しく…

皆様から反応を戴いて嬉しいのに、

即反応を出来ない自分が、ふがいないです(><)

それでも、いろいろなお言葉やメッセージは大変励みになっておりますので

みなさま、無視されたと思わず、どんどん忌憚ないご意見を

どうぞよろしくお願いいたします…m__)mペコリ

さて、まだ薔薇が香っている、私の部屋。

ライブ終って、もう一週間がたつのか。。。時の流れは速いものだ。。。

ライブ後も、毎日が忙しく過ぎてゆく中で、

ようやく客観的に、今回の自己反省をできるかなと

そんな気分になってきました。

そんな気分にさせた、おやりゅうくんのライブレポ。以下↓

私の今回のライブを、ここまでアツク、ここまで確実に、

評価してくれたレポは、ホントうれしかった!!!

ので、以下、おやりゅうくんのミクシ日記より、抜粋転写!!!

水曜は友達のちよさんのライブin多作!でした。
バースデー&CD発売(!)LIVEだったので誰も彼も彼女もがドキドキワクワク



5曲目の「敦盛」を除いた残り5曲は全てちよさんのオリジナル!
スゴイです。尊敬・・・

そして…あの衣装にはびびった(
うさぎのみみが、うさぎのみみがー!

と最初に気付いて以来演奏中もずっと気になってた俺(


1曲目の「ゆふぐれ-Dusk overture-」という新曲は琵琶とKeyのインスト。

個人的にはツボ。琵琶のあの音色にピッタリの曲だと感じました。

なんか、アルバムの一曲目って感じです。オープニングにピッタリだと思いました。

次製作する際は是非一曲目に!

2曲目のほしたちのこゑは、CDにも入ってる曲。

の、ピアニカが入ってるverでした。鍵盤ハーモニカってあんな音も出るんだねぇ…

マジで笙とやったら超よさそうな曲

3
曲目もCDに入ってるRaindrop

個人的にアイタタタな思ひ出があるような気がしますが、ココではスルー。

以前にも聞いた事がある曲だけに、ちよさんの恐ろしいまでの上達具合が分かった曲。
色々スゴすぎてソレしか思い出せぬ、すまんす↓


4
曲目は「永久ノ果 十環ナル果実ト 永遠ノ光芒ト」

どっかで聴いたんだけど…ドコだっけな?ベンズ?な名曲(

なんかこう、クる訳ですよ。裏を知ってると。

そして、何よりタイトルが個人的にツボ。カッケー!


そして、ちょっと趣と声色が変わって、服装は変わらず、古典曲の「敦盛」。

後輩は感動してました。俺も感動してました。

12
月に高田馬場の…カフェ(なのかな?)で初めて聴いて、感動して、

こないだ山田流筝曲の「須磨之嵐」をやって二重に感動
絶対ふけるようになってやるー!


と、話が変わった所でラストの「青ノ棲処」

早稲田の学館に行った時に、初めて聴いたちよさんのオリジナル曲。

ド肝を抜かれて、感激したアノ感覚は忘れようにも忘れられないッス。

CDのラストに入ってます。ヤバイです


と、何だかアーティストさんの宣伝というか、フツーにライブレポになりました(


というわけで、すごい勢いで宣伝してくれてます。

衣装のうさぎの耳に気付いてくれてたことに、まず感動。笑

いやー実は耳があったんですよ、あの衣装。

でも、ステージでは始終前向きしかできないので

お客さんに気付いてもらえるかな~って心配だったのですが。。。

ココに、ビビッてまじまじと見ててくれた人がいたとは!笑

着た甲斐があったというものだ。ウム。

私のライブに、そっと来てくださっていたらしい、あのお方や、

ふっと薔薇を持って来てくださった、Hさんなんかは

普段からは想像もつかない私の衣装に

ホントに驚いていただいたみたいですね、イヤン。

自分のステージの時は、そりゃあ気合入れますよー方向違う気もするけど。。。

でも私がやりたいのは、

琵琶だからって、着物じゃなきゃダメだとか、そんなんじゃなく

古典楽器だって、何着て演奏してもいいものはいいんだ!!!!!

古い形にとらわれたくないっていうか。

うーん、好きなものを着たいだけです、単に。

琵琶が好きな私は、ロリもすきですし、ゴスもしますよー。

そういうたしなみがある現代人が、琵琶も弾きます、

そんなアピール。

まあ、イイのは衣装だけじゃんって言われないためにも

さらに琵琶を精進しないといけないって言うのはあるんですけどね。

でもまあ、そろそろいろんな衣装を着るのも難しい年齢になってきたので

やり納め、みたいな感も実はあって。。。苦笑

これからの期間は、ここ3年の集大成、かな。

なので今年1年は、破天荒に着る思います。

…もちろん、ワンマンのときだけね。

他人にご迷惑になる舞台では、しませんよサスガに。。。

で、りゅうくんのレポに戻ると。

今回の新曲、ゆふぐれを気に入ってくれたらしい、うれしい。。。。涙

いやー、今回、お客さん用にアンケート用紙を配布したんですが

回収できたのがたったの4枚…

やっぱりああいうところでは鉛筆があっても難しいね。。。回収するの。

なので、あんまり新曲の反応を聞くことはできてなかったんですが

ここに、一人でもイイといってくれる人がいた…安堵。。。

初披露の時に褒めてもらえると、また演奏する気になるんですよね。

やっぱり褒め言葉はストレートに、糧になるなあ。

ほしたち~の新しいバージョンも、りゅうくんは褒めてくれてますが

結構反応が様々で。

やっぱり初披露の時は、演奏者もこなれてないので

ギクシャク感がどうしても出てしまうんですよね。

特に今回、ニッシーが吹いてたピアニカは

私が小学生当事に使っていたもので、フッツーの市販品。

息の流れがスムーズに行かず、ピアニシモからスフォルツアンドまで

滑らかに出すことのできない、まあ、シロウト用の楽器だったので。

プロ用はね、もっと凄いんですよ!音が滑らかに出る!

なので、今回ホントに残念なのは

プロ用のピアニカを買えば良かったなあってこと。

…でもね、学生さんはお金がない、んですけどね。。。

絶対、次回までには買い揃えたいですね。

てか、ニッシーに買い与えるのだ!わたくしが。

そんで、まだまだ続きますよ、今日の記事。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。