皆さんの職場ではオフィスでビールや料理を楽しむときはありますか?

年末や年始などは結構、皆さんオフィスで束の間の無礼講を楽しむことがあるのでないでしょうか?

本来は楽しい場なのでしょうが・・・

事件は1年半前、年末の夕方・・・

オフィスの一角のテーブルで乾杯が行われた後に起こりました
(毎年は行ってません)

ある男が真赤な顔をして怒鳴り込んできたのです・・・

但し・・・

怒鳴り込むと言っても仕草が攻撃的なだけで確かに声は小さかったのですが・・・

「まだ仕事をしている人がいるんだぞ爆弾その横で飲み食いするとは一体どういうことだ」

彼の右の指は確実に飲み会の担当者の鼻先を捉えていました。

担当者からすると事前にメールで連絡したあるし・・・

いい気がする気はありません・・・

ただ・・・

考えようによっては仲間思いで仕事熱心な行動です・・・

一方的に「・・・飲み食いするとは・・・」というクレームを批判することはできない・・・

そう思います

だが・・・

彼は5分後に再び登場したのです・・・

「寿司もらっていい・・・」

あっけにとられる周囲をよそに彼は寿司を皿にとると席に戻り、隣りで仕事をしている女性の横でモロに寿司を食べだしたのです

その姿を見て私は彼の今まで・・・7年にわたる奇異な行動が理解できた気がしたのです

1:
彼⇒発注担当者に対して
 「発注したらちゃんと責任をもってどれだけ在庫に残っているか確認しろ爆弾

私⇒彼(自分も発注してました)
  「発注したら在庫も確認してるの??」
彼⇒私
  「確認しないよ」
私⇒彼
  「お前の発注のほうが(彼が注意した人)在庫残っているよ

2:
彼⇒私
  「お前は2度と在庫に関わるなメラメラ2度と数字も見るな爆弾
彼は在庫担当として過剰在庫に警鐘をならしてました。ただ・・・具体的なものは何もなかったのです・・・方法もわからなければ・・・頑張るきもない・・・今思うとそんな感じでした・・・出来るのは

人を批判すること・・・

それだけだったのです

一方で私は在庫の指標を研究して減らすことに成功しました。

私としては年々、在庫が増える一方だったので自分の仕事をしたまでですが・・・

だた・・・

その頃から恐らく彼の頭の中では無意識に<自分の言った人への批判>が悪さをしだしたのです・・・

3:(2の6年後)
彼⇒私  
  「この資料を出してきた理由は何ですか?」

格好いいです!まるで社長が担当者を諭す時に決め技を使ったような感じです。

ただ・・・

その資料は6年前から使っている指標に基づいたもので、要は私が在庫を減らした肝の部分です

彼にもその指標を使って如何に彼が実施した発注が不良在庫として残っているか?の説明も直接しているし、

彼も年に何回か定期的に説明してます

要は

彼は人を批判し過ぎて、自分の言葉に負けたのです

いくら私の説明を聞いても人への批判を正当化を頭の中で行っているのです

私の指標は間違っているはずだ、自分が正しい、正しくないとオカシイ、

そうじゃないと批判だけしているオカシイ人なのです

後日談があります

会社を辞めた後に社長と食事をした時です

社長は私の彼への態度が人として許せないっていうんです

はっきり不愉快きわまりませんでした・・・

彼にされたクレームを百分の一ぐらい返した位のつもりしかありませんでしたので・・・

それが約、半年前です・・・

ただ今・・・

普通の会社で普通の人に囲まれて普通の仕事をしていると気づきます

社長が怒っている理由が・・・

社長は彼が本当の病だと思っていたのです・・・

私の態度は老人に席を譲らない不届きものだったのです

恐らく社長からすると彼の私のクレームは治療の一環だったのです

だからいつも彼が私へ理不尽なクレームをつけても黙っている代わりに私が言い返すと怒っていたのです

恐らく・・・

ただ・・・

こちらはいい迷惑ですけど・・・

でも気づいただけ自分の心が大きくなってる証拠だと・・・

そう信じるしかありません

パワハラ・セクハラ ブログランキングへ

駄目サラリーマン ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ セクハラ・パワハラへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ パワハラふざけんなへ
パワハラふざけんな