神楽坂と福井とのご縁?「うまもんや」の醤油かつ丼 | 東京・神楽坂ぶらぶら

東京・神楽坂ぶらぶら

最新の神楽坂をご紹介

神楽坂と言えば、江戸時代に小浜藩の屋敷があったこともあり、福井県とのつながりが深い土地柄。九頭竜蕎麦などもあります。福井フェスティバルなんかもありますね。その神楽坂に、福井名物の醤油かつ丼を出す「うまもんや」というお店が開店しました。

 

 

場所は神楽坂上、赤城神社の近くにある有名店「カド」の2階です。この写真だと、入口入って右上方向にある階段を登っていきます。

お店を入ると、L字型に大きなカウンターがあるのでそちらでランチメニューから醤油かつ丼(税込1,000円)を注文。でも、福井名物って、ソースかつ丼じゃなかったでしょうか?両方あるのでしょうか?

 

 

こちらがそれ。メニューには、「福井県若狭地方で創業70年の溝口精肉店が自信をもって料理します しょうが醤油の地元で30年愛された味」とあります。かつは薄手で、ソースかつ丼で食べたのと同じ仕上がり。自分は元々カツには醤油をかけて食べるのが好きだったので、違和感ありません。しょうがの味はそんなに感じませんでした。

 

 

アップで。醤油がかかっていても、サクサク感が残っているのが大事なところ。ついでに聞いてみると、1階のカドさんとは特に経営上の関係は無いようです(逆に福井の食品を納入しているとか)。晩も営業していて、醤油かつ丼を賞味できるようなので、また晩の食事に利用したいです。

 

うまもんや

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13225976/