隆慶橋近くの「小川家」は昭和を感じさせるお蕎麦やさん | 東京・神楽坂ぶらぶら

東京・神楽坂ぶらぶら

最新の神楽坂をご紹介

神楽坂ぶらぶらではあまり来ない、飯田橋の東側(水道橋側)にやってきました。神田川の隆慶橋(新たに隣りに出来た新隆慶橋に役割を譲り、ひっそり)の近くです。この辺り、以前は趣あるうなぎ屋さんがあったりした界隈ですが、再開発で高層ビルが並び立ち、以前の面影はありません。

 

 

そんな中、ベルサールの隣に趣ある外観の蕎麦屋さんがありました。入ってみると、店内は昭和蕎麦屋さんの雰囲気。働いている女性店員さんも、頭に白い頭巾をかぶっていて、「昔の蕎麦屋はこうだったな~」と思い出します。この雰囲気が良いですね。

 

 

が、急いでいたのでランチメニュー(税込970円)を注文。この日は、豚丼と蕎麦のセット。上から撮ったので判りづらいですが、左側は丼でキャベツの下にはご飯があります。ご飯の量は普通でお願いしました。キャベツが家庭料理っぽいです。

 

 

そして蕎麦屋さんなので蕎麦をアップに。東京風の、甘目の濃いつゆがかかっています。ランチ蕎麦ではありますが、お蕎麦としては及第点。お手軽に使えるお店だと思います。なお、ネットでは小川家が閉店という情報が散見されますが、これは新小川町にあった蕎麦屋さんの閉店情報が混線しているものです。こちら(住所は後楽)はちゃんと営業していて、ランチタイムは近くの会社員で行列が出来るほど。お間違いなく。

 

 

小川家

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13068062/

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 神楽坂・飯田橋・水道橋情報へ
にほんブログ村