突然のお店変更!バリ男は田中屋とは全く違うタイプの大盛ラーメン | 東京・神楽坂ぶらぶら

東京・神楽坂ぶらぶら

最新の神楽坂をご紹介

今月5日に、神楽坂上交差点から一本坂上側に上がった路地にあった人気ラーメン店「田中屋」が閉店し、新たに「バリ男」というお店が開店しました。初日は100円で提供していたので、長蛇の列でパス。落ち着いたところで行って来ました。まだ今週開店したばかりです。

 

 

それにしても、前週には田中屋が普通に営業していて、時々行列が出来るほどの人気店だったのに、この突然の変化は一体どういうことでしょうか?不思議に感じてしまいます。

 

 

しかも、元々の田中屋の看板の上から新しい店名を貼って営業しているという、何とも不思議な状況。自動券売機も全くそのまま使用しているし、店内はもちろん居抜きです。普通は看板くらいは付け替えるものだろうと思うのですが。

 

 

とはいえ、大切なのはお味。味玉入りラーメン(税込890円)を注文したのがこちら。知らなかったのですが、野菜は無料で追加トッピングできるようで、周囲の男たちはみなそうしていました。とにかく量が多く、スープは豚骨系、麺がやたら太いです。私は行ったことないのでわかりませんが、こういうのを二郎系と言うのでしょうか?店内にはサザンの懐メロがガンガン流れ、客は店名通り男性中心。個人的には以前の田中屋のようなタイプのラーメンのほうが好きですが、とにかく量を食べたいという方には選択肢になるでしょう。

 

 

バリ男

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13228138/

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 神楽坂・飯田橋・水道橋情報へ
にほんブログ村