既に神楽坂でも人気店となった「珈琲日記」で熱い熱いコーヒーを頂く | 東京・神楽坂ぶらぶら

東京・神楽坂ぶらぶら

最新の神楽坂をご紹介

半年ほど前に移転してきたカフェ「珈琲日記」は、既に神楽坂でも人気店。多くの方々のブログにのっています。場所はちょっと分かりづらいのですが、神楽坂駅の両地上出口の間にある、アユミギャラリーの向かいの路地を入り、少し行った先を左折する細い細い路地を入ったところです。

 

 

珈琲色の外装をしたお店。こちらの建物はお隣にある一水寮や鈴木家住宅という有形文化財と同じトーンで建設して、エリアに一体感を出したもの。コーヒーを意識したものではないだろうと思います。

 

 

入店すると、新しいせいかとても清潔できれいな店内。空いている席にご自由にと言われたため、階段下の席へ。ここは向かい側は頭がつかえて座れないため、Max二人用の座席です。大人気のフルーツサンドはしばらくお休み(残念!)とのことで、パンケーキ(税込800円)にマンデリン(税込700円)を注文。

 

 

コーヒーは「火傷しないよう気を付けてください」と言われるほど、熱い熱い一杯がサーブされました。たいそう湯気が出ていたのですが、写真にするとあまり見えませんね。

 

 

こちらがパンケーキ。注文を受けてから粉を練るということで、多少時間はかかりますが、甘味も軽くとても美味しいです。この日のランチはこれでよしとしました。野菜不足が少し心配…

店もきれいでサービスも良く、商品の品質も良いとなれば、人気が出て当たり前です。フルーツサンドが復活したらまた来てみたいと思いました。

 

 

珈琲日記

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13216894/

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 神楽坂・飯田橋・水道橋情報へ
にほんブログ村