台風接近で阿波踊り危うしの中、「鳥よし」で高品質な鯖塩焼き定食 | 東京・神楽坂ぶらぶら

東京・神楽坂ぶらぶら

最新の神楽坂をご紹介

東海上からの変なルートで台風接近の土曜日。神楽坂祭りは昨晩の阿波踊りは出来たけど、今晩はちょっと無理かもなあ…と思いつつ、昼はまだ時折雨がぱらつく程度なので、街へ繰り出しました。お魚が食べたく、飯田橋大ガード交差点近く、大久保通り沿いの「鳥よし」さんで定食を頂くことに。

 

 

夜は居酒屋、焼鳥メインですが、昼の定食も種類が多く使い勝手の良いお店です。場所も角地で分かりやすいです。

 

 

店内はちょっとレトロな昭和風。でも、写真では判りませんが、青い座席シートのデザインは、和の伝統デザインである蜻蛉があしらわれていましたよ。粋ですね!厨房の中も、年配のベテラン風の料理人の方々がテキパキとお仕事をされています。

 

 

焼鳥のお店なので唐揚げ定食と迷いましたが、初志貫徹で鯖塩焼き定食(税込850円)を注文し、出てきたのがこちら。鯖はなかなか立派なサイズです。

 

 

鯖のアップ。びっくりしたのは、焼き方です。表面が本当にカラッカラッに焼けているのです。勿論中はジューシー。これはやはり、焼鳥で培った技量なのでしょうか。鯖塩焼きは良く注文する料理ですが、なかなかこのような焼き具合にはお目にかかれません。普通のお店が品質高い料理を出してくれるというのは、うれしいものです。

 

鳥よし

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13035175/

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 神楽坂・飯田橋・水道橋情報へ
にほんブログ村