つけ麺戦争の勝敗はいかに?飯田橋東口の舎鈴に行ってみる | 東京・神楽坂ぶらぶら

東京・神楽坂ぶらぶら

最新の神楽坂をご紹介

JR飯田橋駅東口と言えば、あのつけ麺の名店「つじ田」が3店舗を構えるエリア。そこにあの六厘舎の「舎鈴」がちょっと前に開店したので気になっていたのですが、遂に訪問することが出来ました。十年以上前だったですが、六厘舎のつけ麺は一世を風靡しました。舎鈴は急激に店舗数を増やしていますが、どうでしょうか?

 

 

場所はJR飯田橋駅東口駅前信号の角です。以前は鈴忠という安売りの靴屋さんがあった場所。偶然ですがどちらも「鈴」の字が付くのが面白いところ。ただ、あの靴屋さんが無くなったのは痛い…

 

 

入店して、券売機で味玉つけ麺の並(税込730円)のチケットを購入。元が靴屋さんなので、敷地の形がラーメン屋としてはちょっと変わったレイアウト。席は全てカウンターです。

 

 

量はたっぷり、味も悪くないです。ただ一つ問題が。14番の席に座ったのですが、右前にある柱と席が近すぎて、食べる時に箸が柱に当たってしまいます。食べづらい。身体を左側に寄せて食べていましたが、混んできて隣の席も埋まってしまいました。うーん。14番の席は、右利きの人はやめたほうがいいと思います。

 

 

こちらがスープのアップ。つけ麺のスープをアップにしても、余り面白くないですね。つじ田との勝負はまだどっこいどっこいの様子です。どちらも切磋琢磨して好勝負を演じてもらいたいですね。

 

舎鈴

http://www.tsukemen-sharin.com/

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 神楽坂・飯田橋・水道橋情報へ
にほんブログ村