雨の平日ランチでやっと「ふくぼく」澄まし麺にありつく | 東京・神楽坂ぶらぶら

東京・神楽坂ぶらぶら

最新の神楽坂をご紹介

まだお盆休みの雰囲気の神楽坂。今日は平日お昼に神楽坂に来ることができまして、加えて雨で人通りも少ないので、これまでに行くことが叶っていないお店を覗いてみることに。

 

 

そのうちの一つ、澄まし麺の「ふくぼく」に行ってみました。場所は茶寮の向かい側です。以前、そば切り酒膳があった場所ですね。営業時間が短いせいか、開店当初はいつも行列ができていて、並ぶのが嫌いな私はいつも断念。その後はお休みしていたりといった理由で、まだ入店できていませんでした。今日は狙い通り、やっていました。

 

 

店内は新しいのでとてもクリーン。評判の澄まし麺ですが、大盛にしても値段が変わらないので、根性が卑しい私は当然大盛にしました(税込700円)。具が無いと寂しいので、別途釜揚げ豚(税込300円)を注文。合計1000円は妥当なところでしょう。券売機でチケットを買うと、カウンターに案内され、待つこと数分でこのとおり。丼の後ろ側の左側が釜揚げ豚、右側が元々付いているネギとワカメです。

 

 

釜揚げ豚のアップ。野菜も少し付いてます。大学の頃の学食に、素ラーメンというのがありましたが、やはり素ラーメンでは寂しいですから。でも最初は澄まし麺だけで食べるのがお店のおすすめ。麺はやや細目のつるつる麺、スープは薄い塩味で、最近薄味好みとなってきた私には、さっぱりした風味がとても美味しく感じられました。

 

 

釜揚げ豚とネギ、ワカメをいれたところです。どの具材も比較的淡泊な味なので、元々の味付けを壊すことがありません。大盛ですが一気に頂いてしまいました。

週末は閉まっているように思っていたのでお店の方に聞いてみたところ、土曜日は営業しているそう。ただ、営業時間が11時半から2時までのたった2時間半しかないので、土曜日は並ぶことを覚悟しないといけないかもしれません。

 

ふくぼく

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13207277/

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 神楽坂・飯田橋・水道橋情報へ
にほんブログ村