地元では超有名な江戸川橋「浪花家」のたい焼きはあんこタップリ | 東京・神楽坂ぶらぶら

東京・神楽坂ぶらぶら

最新の神楽坂をご紹介

神楽坂から江戸川橋方面に歩いて、地蔵通り商店街にある「浪花家」さんに鯛焼きをよく買いに行きます。こちらのお店は麻布十番の浪花家総本店の暖簾分けとも言われていますが、お店のWEBにはそこまでは書かれていないので判りません。

 

 

でも、昭和初期に創業して、戦後昭和27年から江戸川橋で営業されているので、ちょっとした老舗であることは間違いありません。暖簾にも老舗の趣を感じます。

 

 

写真を撮らせてもらいました。鉄の型で一つ一つ焼く(一丁焼きと言うらしい)のが本格派なのだそう。この通り、ご主人が左手に持っているのが一丁焼きの型です。型がたくさん並んでいますね。

 

 

出来上がりがこちら。皮はパリパリで香ばしく、中のアンコは甘すぎず食べやすく、懐かしい味。もちろん、しっぽまでアンコいりです!一個160円で、地元では知らない人がいないくらいの有名店ですので、まだの方は是非おためしを。

 

浪花家

http://www.naniwa-ya.jp/index.html

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 神楽坂・飯田橋・水道橋情報へ
にほんブログ村