「神楽坂モノガタリ」で書籍片手にゆったりとした時間を楽しむ | 東京・神楽坂ぶらぶら

東京・神楽坂ぶらぶら

最新の神楽坂をご紹介

最近、店主がこだわりのセレクトした本と喫茶スペースとを一緒に提供するスタイルの店が増えました。テレビドラマの舞台にもなった、神楽坂矢来口のかもめブックスもそうですが、今日は別の本屋さん、「神楽坂モノガタリ」に行ってきました。

 

 

場所は神楽坂駅神楽坂口を地上に出ると、すぐ右斜め前にあるK's Placeビルの2階。ガラス張りで目立つので、すぐに判ります。真ん中に見える階段を上っていくと、入口があります。

 

 

コンセプトは「本のにほひのしない本屋」。入口には本が並んでいまして、この裏側が座席スペースになっています。座席を使用する場合はワンオーダー必要ですが、本を探すだけならもちろん無料。

 

 

店の奥にも蔵書が並んでいます。ここから気になった本を選んで、席でじっくりと読むことができます。日本文化に関心ある私としては、浮世絵関連の書籍類、特に北斎漫画、気になりましたね~

 

 

店内はゆったりとしていて、カラーリングも落ち着いた配色で、じっくりと読書に没頭することができます。飲み物は左側に見えているカウンターから持ってきてもらえます。テラス席もありますが、今日は風があったので店内で。こういう店ですから、長時間いても大丈夫だと思います。

 

 

一応軽食もあり、こちらが5食限定のメニュー。具だくさんのおこわご飯のおにぎり2個、卵焼き、きんぴら、こんぶのセット(ドリンク付き)で税込1350円は、割高だと思いますが、もともとが読書のためのスペース。食べ物があるだけ有難いと思わなくては。通常はドリンクだけで済ませるでしょう。ちなみにこちらで出すコーヒーはこだわりの豆をハンドドリップで丁寧に淹れているそう。今日はダージリンを頂きましたが、次回はコーヒーにしてみたいです。

 

神楽坂モノガタリ

http://www.honnonihohi.jp/

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 神楽坂・飯田橋・水道橋情報へ
にほんブログ村