特製麻婆豆腐が美味!超本格派の四川料理「芊品香(せんぴんしゃん)」 | 東京・神楽坂ぶらぶら

東京・神楽坂ぶらぶら

最新の神楽坂をご紹介

暑くなってきました。暑いときは辛いものを食べる、これが常道であるということで、辛い辛い四川料理を求めて飯田橋の「芊品香(せんぴんしゃん)」にやって来ました。場所は早稲田通りを九段下方向へ、サクラテラスも過ぎた先の左側にあります。

 

 

看板にも、純伝統四川家庭料理とあります。あれ?別館と書いてありますね。調べてみると、九段下のほうに本店があるようで、こちらはつい先月に開店したばかりのようです。

 

 

ランチタイムだったので、ランチの看板が出ていました。どれも写真がきれいで、美味しそうです。でも、今日は麻婆豆腐を食べるつもりで来たので、初志貫徹。名物の、火焔山香草麻婆豆腐に、麺を入れて食べるセットを注文しました(税込980円)。

 

 

それがこちら。無料の半ライスを付けたものです。麺を麻婆豆腐の中に入れて食べます。麻婆豆腐は、豆腐が一丁塊りのまま入っていて、自分で混ぜて崩して食べるようになっています。土鍋はアツアツで、麻婆豆腐から湯気が出ているのが判りますが、目の前に配膳されてから数分間は煮えたぎった状態が続いていました。

 

 

かき混ぜた状態がこれ。まだまだグツグツの状態です。辛さは5段階の下から2番目にしたのですが、それでも色んな香辛料の味が相当に強く感じられ、本格派です。仕事で成都や重慶に良く行きましたが、まさにこんな味でしたから、純伝統四川料理の看板に偽りはありません。かなり辛いので、これに麺を混ぜて食べるというのは、辛さが少し抑えられてちょうど良かったです。その後残った麻婆豆腐をライスにかけて、完食しました。口直しの杏仁豆腐が付いていて良かった…

次回はよだれ鶏や汁無し担々麺を頂きたいですね。

 

 

芊品香(せんぴんしゃん)

http://senpinsyan.jp/

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 神楽坂・飯田橋・水道橋情報へ
にほんブログ村