塊り肉をステーキで!「ブッチャーズ八百八」 | 東京・神楽坂ぶらぶら

東京・神楽坂ぶらぶら

最新の神楽坂をご紹介

昨晩から、肉をガッツリ食べたいと思い始め、神楽坂近くで日曜日のランチに開いている店ということで、「ブッチャーズ八百八」に行くことにしました。昨年10月にオープンしたばかりなので、まだ新しいです。場所は、早稲田通りを神楽坂下から九段下方面に行き、総武線も越えていくと、東京大神宮へ通じる交差点がありますが、その先左側です。交差点には赤色で目立つラーメン屋さんがあるので、判るでしょう。



店内はステーキの店らしく、カントリー風の木を基調にした作りになっています。地下や上に続く階段もあるようですが、本日は一人なので一階のカウンターに着席。メニューを見ると、3種類のランチプレート(ビーフ、ポーク、チキン)があったので、一番高いローストビーフのランチプレートを注文しました。この店は、肉は塊りで焼いて出すのが美味しいというコンセプトなので、肉を焼くのには多少時間が掛かります。15分位待ったでしょうか。



こちらがそのランチプレート。写真では判りづらいですが、肉は塊りで厚みが2-3センチあります。これを自分でナイフで切って食べるのですが、外側は香ばしく、内側は柔らかな美味しいステーキに仕上がっていました。ライスの量も、ランチにはちょうど良かったです。これで950円(税込)は、お得なのではないでしょうか。ポークやチキンであれば更に安いです。ステーキを食べたい時の選択肢がまた一つできました。Good!


ブッチャーズ八百八
http://bravas-ltd.com/store/by-iidabashi/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 神楽坂・飯田橋・水道橋情報へ

にほんブログ村