週末はお休み!昔風のラーメンが食べられる「びぜん亭」 | 東京・神楽坂ぶらぶら

東京・神楽坂ぶらぶら

最新の神楽坂をご紹介

飯田橋のほうに、気になるラーメン屋さんがあったのですが、土日がお休みということでこれまで一度も来ることが出来ませんでした。今回、昼に飯田橋で用事があったので、念願の初訪問が実現。名前は「びぜん亭」、場所は東京大神宮の入り口目の前の道(読売エージェンシーと富士見ビルの間の道)の坂を上っていくと、左手にあります。


 

お店は見た目小さくて飾り気の無い感じですが、お隣の木造家屋のほうがもっと凄いです。お店の木の扉を開けて入っていくと、なかなか歴史を感じる落ち着いた雰囲気。カウンターがあって優しそうなご主人夫婦が迎えてくれます。常連さんが多いようで、カウンターのお客と楽し気に話しておられました。壁のメニューももう何十年も変えていないようで、すすけていて良く文字が見えなかったのですが、支那竹そば750円を注文。

 

 

昔風の和風しょうゆ味のスープで、麺は細目で若干ちぢれた感じの麺でした。懐かしい!最近は豚骨スープやこってり味のスープが増えて、こうした昔ながらの醬油味は少なくなりました。しなちくも、最近多い太くて長いタイプではなく、色が濃い目で細いタイプでした。

平日しか利用できないのがちょっと残念ですが、頑張って続けてもらいたいお店だと思いました。

 

びぜん亭

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13004142/

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 神楽坂・飯田橋・水道橋情報へ
にほんブログ村