神楽坂で年越しそば 今年は「大川や」へ | 東京・神楽坂ぶらぶら

東京・神楽坂ぶらぶら

最新の神楽坂をご紹介

今年も残すところあと3日となりました。いろいろと神楽坂界隈をぶらぶらしてきましたが、年の最後はやはり年越そばで締めたいと思います。神楽坂には蕎麦の名店が幾つもありますが、今回は今年開店したばかりの「大川や」におじゃましました。市ヶ谷で有名であった大川やのご主人が、神楽坂に移って開いたお店とのこと。

 

 

場所がわかりづらいですが、神楽坂上の有名店「カド」から神楽坂通りに抜けるカギ型の路地に入ると、最初の曲がり角のところにあります。神楽坂通りからであれば、神楽坂駅の少し坂下にある中華の宝龍とさくら薬局との間の路地を入っていったところです。店の外見もとてもシンプルなので、うっかりすると見過ごしてしまいそうです。

 

 

年末なので、年越そばの掲示もあります。メニューが日光の加減で反射して見にくくなってしまいました。すみません。

 

 

店内は入って右側にテーブル席が2つ、中二階にカウンター席が6席ありました。二階席もあるようです。靴を脱いであがり、一人なのでカウンター席に座ると、正面はこんな感じです。かき揚げが好きなので、メニューの中から温かいごぼうかき揚げ天そば(税込1300円)を注文。

 

 

こちらがその、ごぼうかき揚げ天そば。見ての通り、ごぼうの一本一本が太くてしんなりしておらず、シャキシャキです。これは天婦羅としてとても美味しい。晩におじゃましても、きっと美味しい酒の肴が頂けそうです。蕎麦は細目ので、つゆは蕎麦が透けて見える薄味と、上品な組み合わせでした。つゆもしっかりと最後まで頂いてしまいました。神楽坂にまた一つ、蕎麦の名店が加わって、毎回本当に迷ってしまいますね~

 

大川や(神楽坂)

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13197727/

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 神楽坂・飯田橋・水道橋情報へ
にほんブログ村