コスパ最高!神楽坂外れの洋食「欧風バル・マザン」 | 東京・神楽坂ぶらぶら

東京・神楽坂ぶらぶら

最新の神楽坂をご紹介

今日のランチは、以前より気になっていた「欧風バル・マザン」に決定。場所は神楽坂からはちょっと離れていて、筑土八幡町の五差路の交差点を凸版印刷方向に進み、目白通りにぶつかる少し手前の右側(住所は新小川町)にあります。今年9月に開店したばかりのお店らしいですが、凸版印刷やトーハンが近いので、平日はお客さんが多いのかもしれません。写真の通り、可愛らしい感じの入り口です。

 

 

 

入ってみると、カウンターが9席、テーブル(2人席)が一つと、とてもこじんまりとした大きさです。クリスマス前なのでちょっとしたクリスマスの飾り付けが。ランチメニューは大半が1000円以下でとてもリーズナブル。今日はポークソテー・粒マスタードソースにライスを注文しました。

 

 

待っていると、先ず登場したのがこの前菜。ここでランチは前菜付きだったと気づきましたが、お皿も立派ですね。980円とは思えません。量も多すぎず、ちょっとした高級ランチを食べている気分です。

 

 

そしてメインのポークソテー。粒マスタードソースも上品なお味で、普通の洋食より高級感があります。上に乗っているちょっとした野菜類も有難い。そしてライスはいつも通りがっつり頂きました。

 

 

あと思ってもいなかったのですが、デザートが出てきました。クレープ生地のブルーベリーケーキです。予定していなかったのですごく得をした気分。これで税込980円ポッキリというのは、驚異的です。神楽坂からは少し歩きますが、その価値は十分にありますので、是非お試しを。

 

欧風バル・マザン

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13200540/

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 神楽坂・飯田橋・水道橋情報へ
にほんブログ村