やっと神楽坂でフレンチ!「bisous(ビズ)神楽坂」 | 東京・神楽坂ぶらぶら

東京・神楽坂ぶらぶら

最新の神楽坂をご紹介

神楽坂はフランスの香りがする街だなどと言いながら、いつも食事はイタリアンや和食に流れてしまい、なかなかフランス料理は敷居が高いものです。ところが今日神楽坂をぶらぶらしていたところ、偶然カジュアルなフランス料理やさん「bisous(ビズ)神楽坂」を見つけましたので報告します。(注:店名の最後のsの字は、本当は裏返っています)場所は神楽坂上交差点の近くにある寺内公園(茶寮のすぐ横)の隣です。公園から見るとこんな黒い建物で、その2階です。

ビズ外観

入口のところにこんな看板が出ていたので入ってみました。

ビズ看板

中はそんなに広くないですが、テーブルが5-6台あったと思います。2階にあることもあって明るくて開放的な雰囲気です。入口そばにカウンターもあり、一人の私はカウンターに案内されました。1600円のランチは、前菜とメインを自分で選択する方式です。

ビズ前菜

前菜には、北海道産新さんまと秋ナスのプレッセを選択。海苔巻きみたいですが、よく見ると魚とナスが入っているのがわかります。

ビズの米スープ

次は本日のスープで、山田錦を使ったお米のスープです。言われなければ、コーンスープと思ったかもしれません。少し甘味がありました。黒いのは少しびっくりするかもしれませんが、炭を練りこんである(多分クルトンみたいなものだ)そうです。

ビズ主菜

主菜は、イベリコ豚のチョリソーと生ハムのタルトフランベです。タルトフランベが何かを知らずに選びましたが、これは非常に薄いパン生地にチーズやサワークリームを塗り、薄くスライスした玉ねぎ
をのせて焼いたピザに似た料理です。

アフターコーヒー

最後にドリンクを選べるので、ホットコーヒーにしました。茶碗に入っていますが、コーヒーです。
神楽坂のランチとしては、標準的なお値段で、カジュアルなフレンチが頂けるなかなかおしゃれなお店でした。

bisous 神楽坂
http://bisous-kagurazaka.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 神楽坂・飯田橋・水道橋情報へ
にほんブログ村