愛媛・宇和島の新鮮な海の幸「季彩や ひで」 | 東京・神楽坂ぶらぶら

東京・神楽坂ぶらぶら

最新の神楽坂をご紹介

宇和島と言って、どこにあるかすぐわかる人は少ないのではないでしょうか。愛媛県の南西部、高知県と隣接する、温暖で漁業の盛んな土地柄です。目の前に広がる宇和海の先は、もう九州大分県。このような海の幸に恵まれた宇和島の海産物を存分に頂けるのが、「季彩や ひで」です。場所は、神楽坂上のスーパーKIMURAYAの向かい側の路地を入って突き当りです。すぐ隣りにはご紹介したこともある離島キッチン、同じビルの2階にはカルム・エランがあります。
店を覗いてみると、カウンター席しか無いように見えますが、奥にテーブル席があります。今回は少し遅めの時間に行ったので、テーブル席に案内してもらえました。ちょっと高級感がある雰囲気です。

トマト

メニューは、宇和海や瀬戸内海の新鮮な魚を使った郷土料理が中心。最初は野菜からスタートということで、こちらは宇和島産揚げちりめんとクレソンのトマトサラダです。

刺身

こちらで出される魚は、全て釣りもの、天然です(養殖ではない)。お造りの盛り合わせは通常3点盛りのところ、少人数だったので一つ一つの量を減らして、代わりに種類を増やして6点盛りにしてくれました。親切!今日の種類は、イサキ、とらふぐ、アジ、地ダコ、平スズキ、キビナゴですが、どれがどれだか判りますか?

シラス

こちらはとうもろこしと釜揚げシラスのかき揚げ。とうもろこしの甘味が出ていて、そのまま食べても美味しいです。歯触りも絶妙!

兜焼き

そして、こちらが平スズキの兜焼き。こんなに大きいとは思わず、びっくり。それに、天然もののスズキはこんなにもコラーゲンたっぷりなものとは。白身も美味しかったですが、半分くらいはもちもち、プルプルのコラーゲンだったと思います。それでさらにびっくりでした。最後に、宇和島の鯛飯を頂きましたが、普通の鯛飯と違い、宇和島では卵かけのお茶漬けなのですね。スズキを食べるのに一生懸命になっているうちに、写真を撮るのを忘れてしまいました。

久々に、天然ものの魚をたくさん頂き、とても満足でした。美味しい魚が食べたくなったら、こちらは第一候補ですね。またおじゃましたいと思います。


季彩や ひで
https://www.facebook.com/kisaiyahidekagurazaka


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 神楽坂・飯田橋・水道橋情報へ
にほんブログ村