神楽坂の新しいとんかつ屋「さくら」 | 東京・神楽坂ぶらぶら

東京・神楽坂ぶらぶら

最新の神楽坂をご紹介

神楽坂にはやや高級な「あげづき」や、庶民的な「おかむら」といったとんかつ屋さんがありますが、今度は神楽坂通り沿い、パン屋のPaulのすぐ隣りの場所に、3月末に新たに「さくら」が開店したので行ってきました。水道橋の「菩提樹」や「かつ吉」は遠いし、最近は「あげづき」がいつも大変混雑、行列ができているので、新しいお店は大歓迎です。

ロースかつ定食

「さくら」では、銘柄豚であるメイシャントンの系統の品種であるオウシャントン(桜上豚)という銘柄を推しているようだったので、そのロースかつ定食を注文しました。付け合わせにキャベツサラダ、3種類の漬物、ご飯と味噌汁が定食セットです。サラダのドレッシングは和風のほか、マヨネーズ系もお願いできます。また、ソースは甘口と辛口のほか、もう一種類出してくれました。肉はそこそこジューシーで、特に脂身のところはとろけるようで悪くありません。ウェイトレスのお姉さんが、一口目は塩で、その次は肉の切り口にソースをつけて、最後は衣にソースをかけて食べてみて下さいと言うのでその通りにしてみたところ、結構いけてました。お値段的には「あげづき」と「おかむら」の中間くらいですが、コスパは良いと思いました。


とんかつ 神楽坂 さくら
http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13193262/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 神楽坂・飯田橋・水道橋情報へ
にほんブログ村