東京・神楽坂ぶらぶら

東京・神楽坂ぶらぶら

最新の神楽坂をご紹介

毎年この時期に恒例となった、神楽坂祭り。今年は24・25日がほおずき市、26・27日が阿波踊りです。ほおずき市と言っても、実は屋台の大半は神楽坂の飲食店の出店。おいしい食べ物を、独特の雰囲気の中で楽しむことができます。ずっと降り続いた梅雨の長雨も、ちょうど昨日あたりから太陽が顔を出すようになりました。昨日から始まった神楽坂祭りは、まさにグッドタイミング。

 

 

そのためか、昨日もものすごい人出でした。これはまだ午後5時頃の様子です。今日もたくさんの人がやってくるかな。ちなみに私は、「浴衣でコンシェルジェ」という企画のところで、ひっそりとボランティア参加しております。皆さん、いろいろな特典があるので祭りにはぜひ浴衣でお越しください。

 

神楽坂祭り 浴衣特典リスト

https://kagurazaka.fun/yukatade2019/

 

 

車に乗る方はご存じと思いますが、首都高池袋線で早稲田付近を通ると、ビルの屋上にある玉露園の大きなサインボードが目につきます。この玉露園の販売店があるのが、江戸川橋の地蔵通り商店街。

 

 

入口前には盆栽がずらりと並んでおり、正直言うと入口が分かりづらいです。でもこちらのお店、本来は喫茶店ですが、お茶だけでなくランチも提供していて、地元の人でいつも賑わってます。今日は2回目の訪問。

 

 

店内はテーブル席が並び、結構な収容力。今日は2つあるランチメニューから、豚肉のたまねぎソース(税込800円)を注文。もう一つのサンマのメニューは既に売切れでした。

 

 

待っている間に店内を見渡すと、やっぱりお茶やさん。お茶メニューを押しています。それもちょっと珍しいお茶。玉露園さんは、こんぶ茶を作って100年近くになる老舗、こんぶ茶のトップメーカーさんとのことです。

 

 

そして、各種お茶の販売カウンターも。

 

 

でも今日はランチでやって来ました。こちらが注文のメニュー。これにコーヒーも付いて800円はお得です。近くのビジネスマンが多数来店していました。

 

 

メインディッシュをアップで。野菜もとれ、ご飯もたっぷり。食後にコーヒーでくつろぐこともできました。満足です。

 

玉露園

https://www.gyokuroen.co.jp/

 

赤城神社横を通って江戸川橋方向に下りていく急坂、赤城坂。最近この坂の途中の建物がリノベして新たなお店が少しづつできています。そうしたお店の並び、漢方薬のお店の向かい側にあるお花屋さんが「小路苑(kojien)」です。2000年から営業しているらしいので、もう長いですね。

 

ごく普通の古い路面店の建物の中で営業されているので、扉が閉まっているとなかなか気付きません。ただ、ガラス越しに覗いてみると、普通のお花屋さんとも違う、何か素敵なスペースが広がっています。一度ちゃんと中を見てみたいと思っていましたが、たまたま先日の晩に通りかかった時、扉が開いていたのでお願いして写真を一枚撮らせてもらいました。とても素敵な雰囲気です。

 

 

フラワーアレンジメント教室もやっているようですよ。

 

小路苑

http://www.kojien.jp/shop.html