天井の梁が455㎜ピッチもかっこいいね!ウッディな内装にナチュラル&ブラック色のコーデを提案! | 家具なび~家具の使い方を提案するブログ~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが独自のアイデアで家具の配置術などを提案

家具なび~家具の使い方を提案するブログ~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが独自のアイデアで家具の配置術などを提案

家具なびで住宅探訪しませんか?インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアショップ。 コーディネート事例はBIGJOY独自の家具の配置術など家づくりに役立つ情報を発信してます

今日のご紹介するコンテンツは

リビングダイニングの天井のお話しです!

下の写真をご覧ください!

 

 

今回のリビングの間口4550㎜!

ワイドリビングでした・・・

天井の梁が455㎜ピッチで9本あり

縦方向に針が見えるので

なんか…かっこいいですね!

 

私がいつも見る天井の梁は

下の写真のように

910㎜ピッチとなっているケースが多く

今回のように梁が9本あるのはあまり

見かけません!

 

 

また、下の写真もご覧ください・・・

 

 

通常910mピッチで梁が取り付けてあり

上の写真のように梁は長手方向に対して

横に取り付けられているケースが多い

ように思います!

 

今回の住宅は・・・

 

 

ダイニングキッチンからリビング方向へ

縦に取り付けられているんです!

 

 

そこがいつも見る光景とは異なり

かっこいいんだと思います!

 

こんな梁の見せ方もいいですよね!

 

さて、コーディネートについてですが

フローリングはオーク材で

ドアもナチュラルカラーという内装

ですが、

キッチンの面材とテレビボードが

ダークグレー色だったので

ナチュラルカラーの家具とブラック色の

チェアやスチールを使用した家具を

チョイスし、

「ナチュラル&ブラック」色をテーマカラー

としたコーディネートを提案させて

いただきました!

 

 

天井の梁も、家具インテリアも

かっこいいですよね!

 

そして、ダイニングスペース横のワーク

スペースにもご注目下さい!

 

 

こちらは天板TOP73㎝のデスクカウンターが

取り付けられていたんですが

そこへ幅60㎝のキャビネット(天板なし)を

提案させていただきました!!

 

 

この家具は本来ならば天板を乗せて

完成するユニット家具なのですが

あえて天板なしとすることで

このようなシチュエーションに

ユニット家具の天板なしの形が納まります!

 

 

こちらの家具はよ~く見て頂くと

天板と収納家具を連結するための

ネジ穴が開いているのがわかりますか?

 

本来ならば25㎜、2.5㎝の天板がつき

総高さ70㎝となる家具なのですが

2.5㎝の天板がないので…

高さ67.5㎝の収納家具となり

カウンターの天板のTOPが73㎝で

おそらく天板の厚みが3㎝なので

天板下が70㎝空いていることとなります!

 

そこへ67.5㎝の収納家具を入れると

隙間が2.5㎝ほどとなります。

 

 

ぱっと見それほど隙間は気にならない

ほどでいい感じに納まります!

注文住宅のデスクカウンターは

ほとんどのケースが天板のみとなって

おりますが、実際に使用することを

考えると引出や棚が必要となるので

こんなユニット家具を天板下に

納めることができるのです!

デスクカウンターの天板TOPが70㎝では

カウンター下に収納できないので

天板TOPが71㎝以上ならば

このような使い方が可能となります!

 

 

今回はナチュラル&ブラックの

かっこいいコーディネートができました

 

 

天井の梁の取り付け方や

デスクカウンター下の活用術など

参考にしてください!