生活の変化に合わせて家具の配置を変える!ダイニングテーブルを動かす!デスクを動かす!配置術 | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例はBIGJOY独自の家具の配置術など家づくりに役立つ情報を発信してます

今日のコーディネートはこの写真から

ご紹介したいと思います!

 

 

この写真はダイニングテーブルとデスクを

L字にくっつけた家具の配置術

 

そして・・・

 

 

この家具の配置はデスクとソファを

くっつける家具の配置術となります。

 

この2枚の写真は

それぞれ家具を動かすことで実現可能な

家具の配置提案となります!

まずご紹介するのが

『ダイニングテーブルを動かす』

という提案です!

 

当初の家具の配置は

こちらの家具の配置を提案させて

頂きました。

 

 

今回のリビングダイニング空間は約13帖弱

のL字のLD空間となります。

 

 

家具が何も入ってないと・・・こんな感じの

LD空間でしたが、家具を入れると・・・

 

 

このLD空間に普通に家具を配置すると

 

 

キッチンにダイニングテーブルを

くっつけるように配置し、

 

その奥にデスクを配置する提案を

させて頂きました。

 

 

この家具の配置のポイントは

ダイニングテーブルを幅140㎝ほどとし

ソファも2.5人掛け、170㎝ほどと

することで、

ダイニングテーブルとソファ間が少し広く

なります。

 

 

また、ソファをフラットソファとし

背クッションの位置を自由に配置

することができれば、上の写真のように

ソファのアームや背がないので

通路が広く感じます!

 

以下の条件であれば

家具の配置を変えることを提案します。

 

まず一つ目の条件は

お子さんがまだ1人である場合

二つ目の条件は

子供が成長し、中学生ともなると

塾に通うこととなり

塾の日は家族みんなで食事をする

ことが困難になる場合

のいずれかの生活環境であれば

4人掛けのダイニングを

ちょっと変形させて・・・も・・・

と考えます。

 

 

このダイニングテーブルを

下の写真の倍書へ動かします・・・

 

 

3人家族の場合やお子さんが中学生以上と

なり部活や塾で以前のように家族みんなで

食事をする機会が少なくなれば

こんな形とするのもありなのでは

ないでしょうか?

 

今回の家具の提案は

ダイニングテーブルの高さ72㎝

デスクの高さ72㎝と高さを揃えているから…

 

 

このようにデスクとダイニングテーブルを

L字に組み合わせることが出来ます。

 

もう一度申し上げますが・・・

このスタイルは基本3人掛けとなるため

お子さんが子供が1人で

まだ小さいのでお子さんをお誕生日席に

座らせ、(スツールの上に赤ちゃん用の椅子を

テーブルに固定して…)

パパとママ双方向から

離乳食をお子さんの口に運びながら

家族一緒に食事をするという

ダイニングスタイルはいかがでしょうか?

 

 

また、お子さんが成長し、中学生ともなると

部活や塾などの時間の関係で

家族みんなで食事する機会が減ります。

そうなれば

あえてこの変則4人掛け、通常は3人掛けの

ダイニングスタイルとするお部屋の使い方も

ありなのではないでしょうか?

 

 

こうすることでソファ横、キッチン前の

スペースが広くなります!

 

 

次に紹介するのが・・・

 

『デスクを動かす』家具の配置術です!

 

 

先ほどのデスクとダイニングテーブルを

L字にくっつける家具の配置をすると

ダイニングテーブルとキッチンの背面の

ニッチスペースまでの間は

このぐらい広く空いてます。

 

そのダイニングテーブルを

ややキッチン寄りに動かし・・・

 

 

ちらっと見えてますが…

 

 

デスクをソファの背面にくっつけるように

配置をします・・・

 

すると・・・

 

 

こんな感じとなります!

 

 

ソファの幅よりもデスクの脚の内寸

の方が大きいので、

ソファをまたぐようにデスクを配置する

ことができます!

 

 

お子さんが小学生の間は

学校の宿題を

ソファの後ろのスペースで行うのは

いかがでしょうか?

壁に向かって勉強するのではなく

リビング空間全体を見ながら

集中力を高める勉強の仕方は

きっと大人になると役に立つのでは

ないでしょうか?

 

 

このように壁に向かって勉強するのではなく

壁を背にして勉強するスタイルは

会社に就職してデスクに座り仕事を

するスタイルと似ていると思うのです。

オフィスにデスクを並べる場合

壁に向かってデスクを配置する会社は

あまりないように思います。

 

写真同士向き合い、コミュニケーションを

取り合ったり、他の人がどんなことを

しているのか一目瞭然となります。

 

こんなシチュエーションで

勉強する、集中して勉強するのは

大人になっても役に立つと思うのです。

 

 

このような家具の配置をする場合

デスクとダイニングテーブルの距離感が

木になるかと思います。

 

こんな感じとなります。

 

 

大人ひとりは十分通ることが出来る

ほどのスペースが確保できてます。

 

また、チェアの背が低いものを

ダイニングテーブルの端、デスクの端で

使用することで

邪魔になる部分が減るように考えました。

 

 

このようにデスクを動かすことで

デスク後ろ、ダイニング横のスペースが

空くので

 

 

お子さんの秘密基地のような雰囲気

となります。

こんな家具の配置もいいですよね!

 

結果的に

結婚して一人目のお子さんが生まれて

小さい時分は・・・

 

 

こんな家具の配置とし、

 

お子さんが小学生ぐらいとなれば

 

 

こんな家具の配置とし、

 

やっぱり普通に戻したい・・・

という場合は

 

 

この家具の配置に戻すという

家具の配置換えはいかがでしょうか?

 

『ダイニングテーブルを動かす』

『デスクを動かす』

 

というBIGJOY流の家具の配置換えを

ご紹介させて頂きました!

 

今回の内装は・・・

フローリングが初めて紹介するタイプで

スキスムTのラフソーンオークといって

やや白っぽいオーク柄の床で

ドアはハーモニックホワイトというものでした。

 

そんな住空間に合わせて

やや白っぽいナチュラルカラーの家具を

少し取り入れた提案で

特にデスクが白っぽく

 

 

テレビボードやサイドボードも

黄色っぽいナチュラル色よりは

やや白めな家具をチョイスしております!

 

 

チェアもホワイトアッシュ材を使用した

白っぽいウィンザーチェアをチョイスし

ホワイト色のスチールを使用した

かわいいウィンザーチェアを

提案させて頂きました。

 

 

デスクにはライトグリーン色のスツールと

ライトグレー色のチェアを合わせ

お部屋全体がナチュラルカラーと

ライトグリーン、ライトグレー色、ホワイト色が

ミックスされたコーディネートを提案

させて頂きました。

 

最後に今回のLDKには

リビング階段といって

リビングダイニング空間から

階段で2階に上がれるように

なっておりましたが、

 

 

ドアが取り付けてあるので

冷暖房を掛けてても

ドアを閉めれば冷気や暖気が

逃げていくことはありません!

 

 

ドアを閉めるとちょっとした

飾り棚が取り付けてあるので

旅行などで買った記念のグッズや

家族写真を飾っておいてもいいですよね!

 

こんなLD空間もいい感じですよね!

参考にしてください。

 

 

 

今回提案した家具は

以下のURLで販売しております。

 

【ソファ】

 

 

【デスク】

 

 

シリーズ一覧ページ