『ラスティックペカン』柄というフローリングに少し着色したオーク材・タモ材の家具でコーディネート | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例はBIGJOY独自の家具の配置術など家づくりに役立つ情報を発信してます

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

今回のLDKは今までご紹介したことがない

フローリングと建具の色柄です。

フローリングは『ラスティックペカン』柄と言って

やや濃いめの床で

木目が荒っぽい感じが

素敵なフローリングでした

 

 

ドアはティーブラウン柄とって

ブラックチェリー色のような木目柄でした。

 

 

そんなLD空間に提案した家具は…

 

ややブラウン色に塗装した

着色されたオーク材やアッシュ(タモ)材の

家具を提案させて頂きました!

 

 

テレビボードはアッシュ材をブラウン色に

塗装した家具となり、

 

ダイニングテーブルはオーク材を

ブラウン色に塗装したテーブルに

チェアはウォールナット材を使用した

タイプを選びました。

 

 

 

明るいオーク材の家具ではなく

 

 

ややブラン色の家具を選ぶことで

内装の色と調和のとれた住空間と

なったように思います。

 

 

 

ラスティックペカン柄のフローリングも

木目が荒々しい感じが

とっても素敵でした。

 

家具の色は木そのものの色ではなく

着色して人工的な色の家具が

合う内装が増えてきているように

感じてなりません。

 

参考にしてください。