北欧スタイルをウォールナットブラウンカラーで提案しました! | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案
新型コロナウイルスに関する情報について

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例はBIGJOY独自のアイディア、独自の家具の配置術などの情報を発信しております

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回のリビングダイニング空間は

マイフロア(大建工業)の

メープル柄キャメル色という

フローリングに、

 

 

ドアはネオホワイト

キッチンカウンターはトープグレー柄

アクセントクロスはグレー色という

内装だったので

(リビングのアクセントクロスは

RE7499 サンゲツ)

 

 

ウォールナット材を使用した家具で

統一し、

家具のデザインは丸脚で

足先が細いイメージの家具でそろえ

北欧スタイルを意識した

コーディネートを提案させて頂きました。

 

今回のリビングダイニング空間の

広さはおおよそ11帖ほどの空間で

南面の大きな掃き出し窓

(幅256㎝高さ220㎝)

がある壁は柱芯から柱芯が5005㎜

テレビボードがある壁面は

柱芯から柱芯が3640㎜という

スペースでした。

 

そんな間取りに対して

ダイニングテーブル東側の壁に

くっつけるように配置すると…

 

 

ダイニングスペースがコンパクトに

納まるため、その分リビング空間が

広く使用できます!

 

 

ソファの背とダイニングテーブルの

間は写真の広さほど空け

ソファを置くと

 

 

ソファ前に130㎝×190㎝のアクセント

ラグが調度置けるほどの

スペースが空きます。

 

 

今回選んだソファは奥行き85㎝ほど

テレビボードは奥行き40㎝と

それぞれやや奥行きが少ない

家具をチョイスし

少しでも家具と家具の間が

広くとれるよう考慮させて頂きました。

 

 

ソファの幅も2人掛けとややコンパクトな

サイズとし、お部屋の広さに対して

ソファの大きさが大きくなり過ぎないよう

意識し、ソファ横にサイドテーブル

 

 

ソファの斜め前に丸スツールを設置

することで

空間が間延びしないよう配慮させて

頂きました。

 

 

冒頭に申し上げたように

チョイスした家具は

ダイニングテーブル、チェアともに

丸脚で足先が細いデザインでそろえ

 

 

 

北欧スタイルのイメージで家具を

チョイスさせて頂きました。

なんとなくですが、

北欧スタイル=ナチュラルカラー

という明るいイメージが先行している

ように思いますが、

落ち着きのあるウォールナット

ブラウンカラーの北欧スタイルも

素敵ですよね!

 

 

 

リビング空間もダイニング空間に

合わせて丸みのあるイメージで

統一し

 

 

素敵な住空間を提案することが

できました。

フローリングの色・家具の色

アクセントクロスの色・カーテンの色と

とても相性が良く

ブラウンカラーとグレー色が

いい感じに合っていると感じました。

 

参考にしてください!