ソファの向きを自在に変える!ソファの組合せ術をご紹介!ソファの背側にスツールを置く?新常識を紹介 | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例はBIGJOY独自のアイディア、独自の家具の配置術などの情報を発信しております

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します!

 

 

今回はソファの配置、ソファの組合せ方

をテーマにした事例を

紹介させて頂きます。

 

今回は少し特徴的な間取りでした。

一戸建ての間取りでたまに見かける

間取り、

その間取りがこちらです。

 

 

今回のリビングダイニング空間は

およそ19.5帖のLDKです。

 

この間取りの特徴は

イメージ図面の下を南とすると

リビングの南北方向がとても広く

 

 

今回は上の図でも表示しいてますが

赤い矢印の南北方向の長さを生かした

ソファの配置を提案させて頂きました。

 

その家具の配置がこちらです!

 

 

 

 

このソファは1人掛け片肘ソファと

オットマンをそれぞれ2つずつセットし

(ブログのタイトルではスツールと表示しましたが

文字数の関係でスツールとしましたが

ブログ内ではスツールのことをオットマンと表現します)

それぞれの端にサイドテーブルを

提案したソファの組合せ術です。

 

このソファの配置を選んだ理由は

キッチンから出て、リビングを見渡した

際に少しでも広く感じることが

できるのではないかと考えたからです!

 

 

 

サイドテーブルの高さは44㎝

オットマンの高さは30㎝ほどなので

圧迫感がなく、リビング空間にソファを

ぎっしりと置いても、お部屋が広々と

感じることができます。

 

さらに・・・

 

ソファの配置はあえて

2か所に分け、ソファとソファの間を

通ることができる配置としました。

そのおかげで、

お部屋の中を行き来する際の

動線はいろいろな動き方が

可能となります。

 

 

 

さらに、今回提案したソファは

1人掛け片肘ソファで、

肘も背も同じため、ソファの向きを

自在に変えることができます!

 

こちらのイメージ図面をご覧ください!

 

 

先程のイメージと比較して何が違うか

お分かりですか?

 

 

図面の下を南として

北側に設置したソファの組合せを

変えております。

 

 

先程まではサイドテーブルが一番手前で

1人掛けの片肘ソファの背が畳側と

なっておりましたが、

 

 

1人掛け片肘ソファを90度回転させて

オットマンが背側に配置される

ソファの組合せを提案しました。

 

 

この組み合わせ方は

ソファの背を活用して

オットマンと1人掛け片肘ソファを

”背合わせに座る”

という提案です!

 

 

最近ではテレビを見ず、スマホを見ていたり

オンラインゲームをしたりと

リビングでの寛ぎ方が昔とは異なって

きてます。それゆえ、ソファの座り方や

座る向きなども自由な発想で変えても

いいのではと考えております。

 

 

こんなソファの組合せもあってもいいのでは

ないでしょうか?

とっても斬新なソファの活用術なのです!

 

さらに・・・

 

1人掛け片肘ソファをオットマンと入れ替えて

1人掛け片肘ソファの背にサイドテーブルを

戻すと・・・

 

 

こんなソファの組合せとなります。

ある意味このソファの配置が

このリビング空間にはスタンダードな

組合せとなると思います。

 

 

窓側のソファは総幅185㎝ほど

(サイドテーブルまで)

通路を50㎝ほどとり

奥行き90㎝程のソファを設置

しているので

ソファスペースの総幅は3m25㎝ほど

 

 

南北の長~いスペースを

生かすソファの配置術を

提案することができました!

 

 

今回提案したソファの組合せ、

ソファの配置術を比較して頂くため

3パターンのソファの組合せを

一緒にご覧頂くと・・・

 

 

こんな感じとなります。

BIGJOY流のソファの配置術!

真ん中の組合せが斬新です!

 

今回の内装はフローリングが

PanasonicのベリティスフロアーSの

ウォッシュドオーク柄で

建具はブラック色よりの濃い色

だけど名前はソフトウォールナット柄

というLD空間だったので

 

ダイニングテーブルは

石目調の天板にウォールナット

ブラウン色の脚のデザインをチョイス

 

 

 

チェアはブラック色とし

ダイニングテーブルの奥には

腰高の窓、床から90㎝ほどの

窓枠下に収まる高さ80㎝の

収納家具を設置しました!

 

 

建材メーカーの色の名前は

様々な表現があり

今回のソフトウォールナット柄は

私自身も初めて見たときには

色の名前よりも濃い印象でした。

 

そんな内装ですが

やや明るいブラウンカラーの

ウォールナット材の家具を提案

させて頂きました。

 

 

テレビボードはデザイン性のあるタイプで

張り分けした板の色の一部が

濃い色のタイプを取り入れたことで

ウォールナットブラウン色の明るさと

ソフトウォールナット柄の濃い色が

調和できたように思いました。

 

 

参考にしてください。

 

 

 

 

こんなソファの使い方もありですよね!