4人掛けが7・8人掛けのダイニングテーブルに!ソファに組み込まれてるベンチを併用!家具の配置換え | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例はBIGJOY独自のアイディア、独自の家具の配置術などの情報を発信しております

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今日はLDKが18帖ほどの空間に

家具の配置換えを提案した

コーディネート事例をご紹介します!

 

ブログのタイトルにも書かせて頂きましたが

4人掛けのダイニングセットを

7・8人掛けのダイニングセットにする

提案です!

 

その使い方が実現できるためには

ソファの一部に組み込まれている

ベンチを活用するという提案です!

 

こちらが7人掛けのダイニングセットです!

 

 

この家具の配置はもともと
ダイニングセットとソファを別々に設置
していたものを
 
 
くっつけるて配置することで
実現できます!
 
ダイニングセットとソファをくっつける???
という家具の配置なのです。
 
どういうことかというと・・・イメージ図面で
説明させて頂きます。
 
今回の間取りはこちらの間取りです
およそ18帖のLDKで
キッチンスペースがおおよそ5帖ほど
なので、LD空間は13帖ほどの空間と
なります。
 
 
テレビボードを設置する赤いTVマークの壁
からキッチンカウンターの下の壁面の
芯から芯までの距離は5m91.5㎝です。
 
そんなLD空間にダイニングセットとソファ
をそれぞれ設置すると・・・
 
 
こんな家具の配置となります。
この家具の配置をホームパーティー
をする際にテーブルの配置を
替える提案をさせて頂きました!
 
それがこちらです・・・
 
 
ダイニングテーブルをソファの背面に
設置し、ソファ後ろにあるベンチを
 
 
ダイニング用として使用する提案です!
 
 

こうすることで4人掛けのダイニングセットが

7・8人掛けのダイニングセットと

なるのです!

 

 

この使い方をするうえで、

注意すべき点がございます!

 

それは・・・

 

ダイニングテーブルの脚の形です

 

ダイニングテーブルの脚は

大半のテーブルが4本脚といって

テーブルの四隅に脚がついている

タイプなのです。

 

しかし、今回の家具の配置のように

ダイニングでベンチを使用する際は

テーブルの脚が2本脚、

すなわちT字型の脚で

なければならないのです。

 

 

その理由は・・・

ベンチをダイニングテーブルで使用する

際は、テーブルの端とベンチの端が

ほぼ真下となるため

今回のように幅168㎝のテーブルに

幅160㎝のベンチを合わせると

テーブルの四隅にある脚とベンチが

テーブルに入り込むときに

干渉するのです。

 

 

ファミリーレストランの窓側の席や

回転ずしのBOX席をイメージして頂くと

分かるのですが、テーブルの脚は

通路側に1本だけついており

片側は壁に固定しているのです。

こうすることでBOX席の奥へ入り込み

安くなるのです。

 

名古屋の話で申し訳ございませんが

名古屋になる一部の大手量販店の

ショッピングモールのフードコート内にある

壁に沿ってベンチシートが設置されている

場所があり、その前のテーブルが

なぜだか4本脚で設置されているところが

ございます。

 

壁に沿ってベンチシートが設置されている

スペースであれば、指摘しているような

2本脚、T字型の脚を採用しなければ

とても使いづらいのです。

脚をまたいで奥の席に入り込むことと

なってしまうのです。

 

今回はベンチを併用することを

あらかじめ想定していたので

ダイニングテーブルの脚をT字型タイプを

提案させて頂きました!

 

 

また、この家具の配置をすると

副産物のような家具の配置を提案

することができました。

 

それは・・・キッチンカウンターの下の

スペース、

 

 

図面でいう赤い星マークの場所です!

 

 

キッチンの背面に

幅86㎝の収納家具を3つ並べる

ことができたのです!

 

しかも・・・

 

壁の寸法ピッタリに!!!

 

それがこちらです。

 

 

幅86㎝のシェルフ2本と

幅86㎝のキャビネット1本が

きれいに並べることができたのです!

 

壁の端はこんな感じです!

 

 

 

ほんと壁の端に板が一枚取り付け

られていた分、幅86㎝が3本分

総幅2m58㎝がピッタリ納まりました!

 

 

キッチンの幅は2m55㎝というサイズが

ほどとんで、キッチンの幅プラス40mmの

壁があれば、巾木分を考えてきれいに

納まるのです!

 

ちなみに今回はテレビボードも

総幅2m58㎝、幅86㎝×3本分のタイプ

をリビングに提案しました!

 

 

 

キッチンの背面の壁、2件の間口に

玄関ホールから入ってくるための

ドアスペースを挿しい引いても

幅2m58㎝のテレビボードがきれいに

おさまります!

 

これぞ!尺モジュールで設計された

木造建築にきれいに納まる

「ハチロク家具」の真骨頂なのです!

 

 

 

今回、提案した家具の配置換えは

ダイニングのみではなく

キッチンの背面に設置した

幅86㎝の収納家具の配置換えも

提案しております!

 

こちらの図面をご覧ください!

赤い星マーク

青い星マーク

黄色の星マークの3つの星マークを

ご覧ください!

 

 

計5か所ある星マークの家具を

動かすと・・・

 

 

こうなります!

 

もっとも特徴的なのが

キッチンの背面に設置していた

幅86㎝のシェルフを

 

 

キッチン横の和室の通路に沿って

配置した点です!

 

 

実は通路側が家具の裏面となる

家具の配置なのです!

 

メインで使用するシェルフは和室側を

表側とし、

和室をお子さんの遊びスペース

として考え、

和室側でシェルフを使用する

という考え方となります!

 

 

今回の間取りはキッチン横に

和室があるため、

キッチンで家事をしているママの

視界にお子さんが遊んでいる様子が

入り込みやすい点を考慮し

このような家具の配置を提案しました!

 

 

 

シェルフの高さも70㎝と高すぎない点も

いい感じでした!

 

さらに・・・

和室の奥にベンチを・・・

 

ソファ横に設置していた

 

 

ソファの一部でもあるベンチを和室へ移設!

 

 

こちらもお子さんが遊んでいる様子を

ベンチで座りながら読書をしたり・・・

お子さんにとってベンチほどの高さは

縦膝をついて遊ぶためのスペースとして

最適なので、ベンチも高低差のある

あそび場となります!

 

ベンチ横には黄色の星マークのひとつ

であるテレビボードの一部を

和室へ移設!

耳かきや爪切りなどの小物を収納できる

引出し収納として活躍してくれることでしょう!

 

 

 

最後に、青い星マークですが

キッチンの背面に設置していた

幅86㎝のキャビネットは

 

 

ほぼそのまま位置で

背を付ける壁面が少し変わるだけ

の配置換えとなります!

 

 

このように限られたスペースを

家具の配置換えで使い方を変えることが

できるという視点で

家具選びをしてみませんか?

 

この提案はデザイン性にこだわる

というより、

使い方にこだわるという視点から

家具を選ぶと

 

「こうなります!」

 

という提案です!

 

今回もBIGJOYらしい家具の配置を

提案することができました!

参考にしてください!