掃き出し窓がないLD空間は“家具屋的”に理想の間取り!?86㎝モジュールの家具を6つ分並べると… | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例はBIGJOY独自のアイディア、独自の家具の配置術などの情報を発信しております

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

都心の一戸建ては2階がリビングダイニング

という住まいが多くなっております。

今回の事例も

そんな2階がリビングダイニング空間という

間取りでした。

 

 

屋上に洗濯物が干せるスペースがある

ということもあり、2階のリビングダイニング

空間に掃き出し窓がありません。

リビングダイニングの窓は

すべて腰高の窓や明かり取りの窓

ということとなります。

 

ベランダというものがないのです。

 

こんなリビングダイニングが

“家具屋的に”理想の間取り!?なのです

 

最近は洗濯物を室内に干すという

家庭もあるのではないでしょうか?

 

イメージしてみてください。

洗濯機からほど近い場所に

サンルームや室内干しができる

スペースを設け、

さらにその近くにファミリークローゼットと

洗濯、乾燥、収納までの

動線が短く、家事が時短できるという

考え方はどうですか?

 

そうすれば、ベランダというスペースが

なくても成立します。

 

リビングダイニングに掃き出し窓がなく

全ての窓が腰高以上であれば

家具屋的な発想で考えれば

どの壁面にも家具を置くことができる

という発想となるのです!

 

そんな考え方こそ

掃き出し窓がないリビングダイニング空間は

“家具屋的に”理想の間取り

ということとなるのです!

 

今回の間取りをもう一度見てみましょう!

 

 

LDKで20帖ほどの住空間で

図面の右側の壁面は柱芯から柱芯の寸法は

4095mm

(910mm×4.5マス分)

図面の下側の壁面は柱芯から柱芯の寸法は

5460mm

(910mm×6マス分)

この2面の壁面を有効活用して

家具の配置をBIGJOY流に考えてみました

 

住宅会社様が想定している

家具の配置は以下のようになります。

 

 

テレビのマルチメディアコンセントが

図面の右側にあるため

そのスペースにテレビボードを置くと

こんな感じとなります。

 

しかしながらBIGJOY流に家具の配置を

考えると、同じ家具を提案し

こんな配置となります。

 

 

図面の下側の5460mmの壁面に

幅86㎝モジュールの家具を6つ分ならべ

総幅5m16cmの大きな収納家具を

提案させて頂きました!

 

まさに圧巻です!!!

 

 

掃き出し窓がないリビングダイニング

だからこそ、家具はいろいろな場所に

設置することができます。

 

 

図面の右側にもテレビボードを

置くことができますし、

図面の下側にもテレビボードを

置くことができます。

 

 

5m16cmの収納家具は

オーダーでもなかなかつくらない大きさです

それが幅86㎝の家具4つと

幅172㎝のテレビボードを一直線に

並べると…

 

 

こんな壁面になります!

 

今回の間取りではテレビの

マルチメディアコンセントが

一か所しかない為

仮にこんな家具の配置をすると・・・

 

 

少しだけ配線が見えてしまいます(^-^;)

 

しかしながら、この家具の配置は

ソファ前の空間を広々と使用する

ことができ、

 

 

ダイニングもキッチンから

それほど遠くはありません。

 

 

 

ダイニングテーブル上には

照明がありませんが

天井が吹き抜けとなっており

屋上からのトップライトが

あるため、この場所にダイニングテーブル

を持ってくることもありだと思いました。

 

 

ソファは幅160㎝の片肘ソファを提案し

ソファの両サイドに奥行き25㎝の

サイドテーブルを設置すると

ソファに座って飲み物を飲んだり、

スマートフォンを置いたり、

テレビのリモコンを置いたりすることが

できます!

 

 

キッチンの大きさは標準の2550mmなので

総幅210㎝のサイドテーブル付きの

ソファも壁面に収まります。

 

さらに

BIGJOYではソファのこんな使い方を

紹介させて頂きます!

 

2人掛けの片肘ソファとオットマンを

横並びに使用する提案です!

 

 

オットマンの奥行きは70㎝なので

幅160㎝の2人掛けソファとくっつけると

総幅2m30㎝の大きなソファとなります。

 

 

背もたれがない部分も

壁を背もたれとすることで

3人がゆったりと座ることが

できます!

 

 

 

このようにソファを大きくしても

ダイニングテーブルとの距離感は

十分にとることができました!

 

 

このソファはソファの座面(ベース)と

背もたれ部分が分離独立しているため

こんな使い方も可能なのです!

 

 

こんな使い方も

 

 

こんな使い方も可能です!

先程ソファの両サイドで使用していた

リビングテーブルは広いソファ前に

互い違いに置くといい感じとなります。

 

 

この家具の配置は住宅会社様の思惑を

無視してBIGJOYが勝手に想定した

家具の配置です!

もちろん思惑通りに家具の配置を

して帰りました。

 

 

こちらの家具の配置となります。

 

 

キッチンの正面にあった

テレビボードを横の壁面に設置し

正面には2人掛け片肘ソファを縦置きし

オットマンをその正面に設置しました。

 

 

こうすることで少しでも

ソファ前の空間が広く感じることが

できると思い提案しました。

 

 

ただこの使い方だけではなく

この家具の配置でも

BIGJOYらしい家具の使い方を提案させて

頂きました!

 

それが・・・

 

 

この使い方です!

ソファの背もたれを2人掛けソファと

オットマンをまたぐように

設置すると・・・

 

 

壁面にクッションを置いて

座ることができるソファの使い方を

提案します!

 

 

窓の位置が床から90㎝ほどにあるため

座面の高さ40㎝~45㎝ほどのソファの

座面の上に55㎝程のクッションを置くと

ちょうど窓枠とぴったりとなります。

 

 

そんなスペースに座ると・・・

上の写真のような景色で

座ることができます!

 

座面がとっても広い小さな「島ソファ」

のように使用できるのです!

 

 

この家具の配置でも

こんなソファの使い方も・・・

 

 

こんなソファの使い方も可能なのです

 

 

さらに・・・

 

今回テレビボードの横に提案した

オープンラックは

 

 

高さが43㎝でベンチとしても

使用できるため

こんな使い方もご紹介します!

 

 

キッチンの背面にくっつけていた

ダイニングセットを・・・

 

 

ベンチに寄せて・・・

 

 

お子さんを含む8人掛けの

ダイニングセットを提案します!

 

 

テレビボード横のオープンラックは

ベンチで

チェアの座面の高さと同じなので

こんな使い方が可能なのです!

 

 

 

このように、掃き出し窓がない

リビングダイニング空間は

“家具屋的に”とてもワクワクする

家具の配置が可能となり

 

今まで考えつかなかった

使い方が可能となるように思います。

また、仮に少々使いずらい間取りでも

掃き出し窓がなければ

好きな位置にテレビボードを設置し

 

 

好きな位置に収納家具を設置し

好きな位置にダイニングテーブルを

置くことができるかもしれません。

 

 

照明の位置や電気の配線などが

ある程度フレキシブルに使えるよう

計画されていればの話ですが…

 

きっと家具から始まる家づくり・・・

 

 

 

掃き出し窓がない

リビングダイニング

 

窓のコストもさがりますよ!

 

参考にしてください。