ダイニングテーブル上のダクトレール(照明)がL字型についてるのでテーブルの向きを90度変えられる | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 700例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!家づくりのヒントとなる情報を発信しております

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します!

 

 

今日のブログは

普段あまり触れない照明について

お話したいと思います。

 

ダイニング空間に取り付けられた

ペンダントライト3灯

このような照明の場合

 

 

照明が取り付けられた向きに

ダイニングテーブルの向きを

合わせる必要がありますが、

 

今回のダイニングは

テーブルの上のダクトレールが

L字型についているため

テーブルの向きに合わせて

照明の取付位置も変えることが

できるのです。

 

こちらをご覧ください。

 

 

 

ダイニング空間の天井には

L型に取り付けられた

ダクトレールがあります。

 

今回はキッチンに対して平行の位置

にダイニングテーブルを設置し

キッチンの背面に取り付けられた

棚板、カウンターが使いやすい

ように考え、

 

 

ダイニングテーブルを壁にくっつける

ことでテーブルの横の空間を

広く感じることができるように

しました。

 

 

L字にダクトレールをつけることで

キッチンに対して平行にも

 

 

 

キッチンに対して垂直方向にも

 

 

ダイニングテーブルを置くことが

できるのです。

 

現在家づくりをされている方は

家を設計の段階でこのような照明の計画

をたてて、ダイニングテーブルの位置

ダイニングテーブルの向きに合わせて

照明を考えてみて下さい!

 

こんな考え方こそ、

「家具から始まる家づくり」

なのです。

 

 

また、

今回のLD空間はキッチンの背面の

壁にグレー色のアクセントクロスがあり

フローリングはブラウンチェスナット柄

ドアはショコラブラウン柄なので

ウォールナット材の家具と

グレー色のファブリックで合わせました。

 

 

 

また、ダイニングテーブル、テレビボード

 

 

ソファ横のネストテーブルは

 

 

ウォールナット材の「しらた」入りの

タイプで

ウォールナット材の白い部分が入った

木目の家具で統一させて頂きました。

 

ブラウンチェスナット柄のフローリング

は濃いめのブラウンカラーではないので

”しらた”入りのウォールナット材との

相性もいい感じでした。

 

ちょっとしたことですが

家具のデザインや素材の統一感を

持たせることで

素敵なリビングダイニング空間に

なると思います。

 

 

参考にしてください。