リビングの角、コーナーにしかテレビボードが置けない場合の家具の配置について | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 700例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!家づくりのヒントとなる情報を発信しております

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

昨日のブログは壁面が多く

家具の置き場所がたくさんあるという

事例を紹介させて頂きましたが

今日はその反対です。

 

テレビボードを設置することができる

スペースが角、コーナーしかない

という場合の家具の配置について

お話させて頂きます。

 

 

 

こんな間取り図となります(イメージ図)

 

 

図面の上部分がリビング空間となり

リビング空間のさらに上は

図面には入れてませんが和室があり

リビングの左には玄関ホール

リビングの右はお庭となっており

大きな窓がついている

住空間でした。

 

 

それぞれの場所への行き来を考えると

リビング空間には壁面があまりなく

テレビのマルチメディアコンセントの

位置(赤色・青色のTVマーク)を考えると

リビングの角、コーナーにしか

テレビボードを置くことができません。

 

それゆえ、BIGJOYが考えた家具の配置は

以下の通りとなります。

 

 

赤色のテレビマークの位置に

コーナータイプのテレビボードを

提案し、

ソファは掃出し窓を背とする配置を

考えました。

 

 

青色のテレビマークの位置に

コーナーのテレビボードを設置すると・・・

 

 

ソファの位置はダイニング空間を

背とする配置となり

ソファの背面に通路が必要となります。

 

しかしながら赤色のテレビマークの位置に

テレビボードを設置し、

大きな掃出し窓を背とするソファの

配置ならば、

玄関ホールからリビングヘ入ってすぐ

ソファが正面となり

リビング空間が広く感じると思い

 

 

この家具の配置としました。

 

 

今回のリビングダイニング空間は

フローリングとドアは

明るいナチュラルカラーの

ベリッシュメープル柄で

リビングの天井には化粧梁があり

こちらもナチュラルな木目柄の

壁紙が貼られておりました。

 

 

家具はオーク材・タモ材・栗材の

ナチュラルカラーの無垢材の家具で

統一し、

ダイニングテーブルは40㎜

4㎝ほどの厚みのあるテーブルに

 

 

ソファのアームも厚みが40㎜、4㎝ほど

ある重厚感のあるデザインを取入れました

 

 

明るい内装にナチュラルカラーの

重厚感のある家具を取入れた

素敵なコーディネートを提案する

ことが出来ました。

 

テレビの位置、ソファの位置は

お部屋の動線を考えて配置する

という提案をご紹介させて

頂きました。

 

 

参考にしてください。