”三方よし”?ソファの背中の向きを変えることができれば…BIGJOY流のソファの活用術をご紹介! | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例はBIGJOY独自の家具の配置術など家づくりに役立つ情報を発信してます

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回のコーディネートはソファの活用術に

スポットを当てたコンテンツを

ご紹介したいと思います。

 

ブログのタイトルに書かせて頂いた

“三方よし”という言葉…

みなさんは聞いたことがありますか?

この言葉は近江商人の商いの心得を

あらわした表現で

三方とは「売り手よし」「買い手よし」

「世間よし」の3つのよしのことです。

売り手と買い手がともに満足し

さらに社会貢献もできるということが

よい商売の形であるという言葉です。

 

そんな“三方よし”という言葉を

活用させて頂き、本日はソファの活用術

をご紹介させて頂きます。

 

本日ご紹介する間取りはこちらです

 

 

こちらの間取りはマンションのLDK

でもよく見かける間取り図で

右端の和室の収納、リビングの収納

部分が少し広い間口のLD空間となります

 

この間取りにインテリアショップBIGJOYが

提案した家具の配置はこちらです。

 

 

ごく当たり前の家具の配置となりますが、

このソファを選んだ理由が”すごい”んです。

 

“三方よし”という言葉を

活用させて頂いたのには理由があります。

ソファの向きを三方に向ける

という提案がしたかったのです。

 

ソファの向きの三方とは・・・

一つ目はテレビに向けて

二つ目は和室に向けて

三つ目はダイニングに向けて

ソファを活用するという提案です。

 

 

今回提案したソファは背もたれと

ソファの座面が分離しているため

ソファの背もたれの向きを変えることが

できます。

 

 

上の写真は背もたれがない状態で

2人掛けのソファの横にサイドテーブルを

設置し、

オットマンにもコノ字型のサイドテーブルを

設置した構図です。

 

このソファに背もたれを乗せると・・・

 

 

2人掛けのソファとオットマンをまたぐ様に

背もたれを設置すると・・・

 

 

和室の畳の方を見るようにして

ソファに座ることができます。

小さなお子さんが畳スペースで

遊んでいる場合は

ソファの向きを和室側に向けると

いいと思いました。

 

 

 

次にご紹介するのが

ダイニングに向けてソファの背もたれを

設置する提案です!

 

 

 

こちらはダイニングテーブルやキッチンの

方向にソファを向ける活用術となります

今回はソファの背面に

大きな円形のラグを敷き

ソファ前でもソファ後ろでも

お子さんが遊ぶことができることを

想定しました。

 

 

また、キッチンで家事をしている奥様と

ご主人様がコミュニケーション取りやすく

なります!

ダイニングで遅い食事をしているご主人様と

ソファで寛ぐ奥様が会話をする時にも

役に立ちます。

 

 

さらにこのソファの面白さは・・・

 

なんとスツールに座り、ソファの背もたれに

クッションを当ててもたれることが

できる点にあります。

 

???

 

と思われる方も多いと思いますが

図面で紹介します・・・

 

2人掛けのソファとオットマンを

並べて、オットマンに座るという

提案です。

 

 

背もたれに横長のクッションを当てると

なんということでしょう・・・

とてもいい感じに座ることができるのです。

ソファの向きをダイニング側、テレビ側

のどちらの向きにも座ることができるのです

 

これぞ!新しい『島型』のソファと言えます

 

 

 

みなさんはテレビを見る時間が減ってませんか?

スマホやタブレット端末でインターネットを見たり

お子さんもテレビよりもユーチューブを見たりと

情報を得るための媒体がテレビから変わって

来ているように感じます

 

ソファの向きをテレビに向けるという

時代ではなく、使い方に合わせて

ソファの向きを変えるという

ソファの活用術がこれからの

スタンダードになっていくように

思います。

 

 

 

固定概念にとらわれず

自由な発想でソファの使い方を考えて

見ませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”三方よし”というソファの活用術は

いかがでしょうか?

 

参考にしてください。