ベンチをテレビボードとして使用!間取りの特徴、ダイニングの照明位置に合わせた家具の配置提案を紹介 | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 700例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!家づくりのヒントとなる情報を発信しております

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回はクリエラスク柄という

ブラックチェリー色のような内装に

オーク材のナチュラルカラーの

家具を中心にチョイスさせて頂いた

コーディネートをご紹介します!

 

今日、投稿する内容は

BIGJOYらしい家具の配置提案が中心です。

 

みなさんはこの間取りであれば

どのように家具を配置しますか?

 

 

ダイニング空間、リビング空間ともに

横長な空間で、この空間に家具を配置する上で

ご注意頂く間取りの特徴的な点が2つございます

それは・・・

 

 

一つ目はダイニングの照明の位置です。

3連のダウンライトがついており

ダウンライトの取付位置が

やや北がに寄っているという点です。

 

もう一つがリビング空間は玄関ホールから

キッチンへの動線を考えると

ソファのサイズをやや小さいタイプと

しなければならない点です。

横長のとても広い住空間ですが

ソファの配置によっては

ソファの幅がやや小さくなってしまうのです。

 

 

今回は横長のリビングの広さを活かして

幅160㎝ほどの2人掛けソファで

座面が100㎝ほどある『ベッドソファ』を提案

 

 

インテリアショップBIGJOYが考案した

ソファベッドのベッドの状態で

ソファを使用してもらう『ベッドソファ』を

提案しました。

 

こちらのソファは従来の「ソファ」という

道具の使い方を根底から覆す

使い方となります。

根底から覆す使い方というのが

ソファに腰掛けるのではなく

ソファの上に座るという使い方です。

 

従来のソファは座面の奥行き、

つまり座るところが50cmほどしか

ありませんが、こちらのソファは

座面の奥行きが100㎝とほぼ倍の

広さがあります。

BIGJOYでは『ソファ』の座面を

”床”のひとつと提案しております。

まさにこの『ベッドソファ』は

小上がりの畳コーナーがクッションと

なった、小上がりのソファクッション

という言い方ができると思います。

 

 

ソファ前には2mの円形のラグがあり

ラグの上でお子さんが遊び、

ソファの上でもお子さんが遊ぶ

という横長のリビングを活かす家具の提案

となります。

 

さらに・・・

 

もう一つの間取りの特徴である

ダイニングの照明の位置がやや北に

寄っているという点ですが

 

 

上の図のように赤枠で囲ったスペースを

ダイニング空間とするならば

やや上(北側)に寄っていると思います。

あくまで、照明の位置にテーブルを合わせる

とこのようになります。

 

今回は、この間取りの特徴を活かした

家具の配置をBIGJOY流に考えてみました…

 

その結果・・・

 

下の図をご覧ください。

ダイニング空間とリビング空間の間の

赤枠のスペースに注目しました。

 

 

ダイニングテーブルがやや上に寄っている

こともあり、ダイニング空間とリビング空間の

間のスペースが広く空きます。

 

 

そこで今回は空間を家具で間仕切り

テレビボードをベンチタイプを

提案することで

間仕切ったダイニング側も

リビング側も活用できる家具の配置を

考えました。

 

その家具の配置がこちらです。

 

 

テレビボードに「ベンチ」、ドロワーベンチを

提案することで、リビングに読書コーナーを

つくることができました。

 

リビングに読書コーナー?

 

と思われる方も多いと思います。こんな提案です。

 

 

BIGJOYオリジナルの「86キャビネット」

とBIGJOYオリジナルの「ドロワーベンチ」を

組合せた提案で、

「86キャビネット」はダイニング側を表面

リビング側を裏面とし、上置きのBOXのみ

リビング側が表面となるように設置!

 

 

 

言葉ではわかり難いので写真を

ご覧ください。

こちらのキャビネットは高さ70㎝より

下はダイニング側が表面で

高さ70㎝より上のBOXは

リビング側が表面という

上下で表裏逆に設置した使い方

となります。

 

裏面をリビング側とすることで

ベンチに座り、壁にもたれて

「読書&ティータイム」となります。

 

 

上のBOXは小さな本棚となるため

お気に入りの漫画や文庫本、ビジネス書

を置くことができます!

 

 

家具の裏面にはチャンネルサポート

がついているので、お好みな高さに棚を

取り付けることができ、

お気に入りのドリンクを置くことができます。

 

 

お子さんが、ソファ前のスペースで

遊んでいる姿を眺めながら

ベンチに座って”ティータイム”を

過ごすのはいかがでしょうか?

 

この家具はBIGJOY発案で

家具の背面も使用できるよう

考えた家具で

裏面もきれいに仕上っているので

家具で空間を間仕切ることができるのです

 

ダイニング側は引き出し収納

開き扉収納となっており、

 

 

今回はあかり取りの窓の下枠と

家具が干渉しない、ギリギリの

置き方ができました。

 

 

ほんとこの間取りにぴったりな

家具の配置提案ができました。

 

この「86キャビネット」と家具の幅と高さが同じ

「86シェルフ」を横に並べ

 

 

キャビネットはダイニング側を表面とし

シェルフはリビング側を表面とすることで

ドロワーベンチの大容量の引き出し収納と

シェルフに収納したBOXに

いろいろなおもちゃを収納することが

できますよ!

 

 

 

キッチン側からリビング空間が良く見える

ので、キッチンで家事をしていても

お子さんの様子を確認することができます。

 

 

特徴的な間取りですが、

このように家具を配置することで

とても素敵な暮らしを想像することが

できます!

 

 

インテリアショップBIGJOYが提案したいこと

 

それは・・・

 

家具の使い方、暮らしの仕方提案です。

デザイナーがデザインしたおしゃれな家具

を提案するのではなく、

お客様のニーズ、お客様が考える

道具の使い方が可能となる家具、

 

 

こんな使い方ができるんだ

という使い方の発見

 

そんな家具SHOPとなれるよう

日々考えております。

 

 

名古屋にしかございませんが

是非お時間がございましたら

インテリアショップBIGJOYへ

家具の相談、家づくりの相談に

お越しくださいませ。

 

参考にしてください。