2階がリビングダイニング空間だから広いリビング!住宅の間口全体がリビングとして使用できる!!! | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 700例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!家づくりのヒントとなる情報を発信しております

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回のブログのテーマは

2階がリビングダイニング空間という

住宅のメリットをご紹介したいと思います。

 

2階がLD空間の場合

最大のメリットは”住宅の間口全体を”

LD空間として使用できる点です。

 

こちらの図面をご覧ください。

 

 

上の図はよくある1階がリビングダイニング

空間という間取りです。

玄関ホールが1820㎜の間口

リビングが3640㎜の間口

合わせて5460㎜という住宅です。

 

今回の2階がリビングの間口も

ほぼ同じ寸法で

リビング空間の間口は同じ5460㎜

住宅全体でも455㎜大きい5915㎜です

 

 

1階がリビングの場合、玄関ホールが

必要となる為、その分リビング空間が

狭くなります。

 

 

今回の2階がリビングの5915㎜と

同じ間口で1階がLD空間の間取りであれば

こんな間取りとなります。

 

 

こちらも1階がリビングダイニング空間

なので玄関ホール、和室の分

リビングダイニングが狭くなります。

 

 

このように1階がリビングダイニング

の場合、玄関ホールや和室スペース

を設けるためLD空間は

やや狭くなるのに対して

2階がリビングダイニングとなると

住宅の間口全体がリビング空間と

なるのです。

 

 

今回のLD空間はリビング空間が

5m以上あり、テレビボードを設置する

壁面も内寸が3m50cmほどある

大空間でした。

 

そんな広いリビング空間を活かす

家具の配置を提案させて頂きました。

 

 

L字型のカウチソファの背面に

キッズスペースを設けました。

 

 

カウチソファは左右を入れ替えて配置し

 

 

ソファの中央、ソファの背面から

ソファへ侵入できるように提案!

 

 

こちらのソファはBIGJOYオリジナル提案

の”島ソファ”となります。

「島型」にも「カウチ型」にもいろいろな

形にすることができるソファです。

 

 

ソファの後ろには幅86㎝のシェルフを

2台並べ(幅172㎝)

 

 

シェルフにソファの背をくっつけるように

配置すると・・・

ソファ前には2mほどのスペースが空きます。

ソファとテレビボードの間に敷いたラグは

190㎝×190㎝のラグです。

 

 

ソファ後ろにも幅150㎝の円形のラグを

敷きました。

 

 

このようにラグをソファの前と後ろに

敷くことで、お子さんの遊びスペースと

なります。遊びスペースの横には

おもちゃ収納ラックがあるため

お子さんがお片付けしやすくなる

と思い、このような家具の配置と

しました。

 

このように2階をリビングダイニングと

することで、ソファ後ろのキッズスペース分が

広くなります。

 

 

上の図は2階LD空間(左)、1階LD空間(右)

の図にダイニングセットとソファ、テレビボード

を配置したものとなります。

 

 

玄関ホールからリビングの壁面まで

住宅全体がリビングとして使用できれば

こんな感じとなるのです。

比較するとその広さが分かりやすく

なると思います。

 

今回は2階がリビングダイニング

 

 

というメリット

”住宅の間口全体をLD空間として

使用できる”

点を活かした家具の配置提案となります。

 

 

参考にしてください。