床の色・ドアの色ではなくカップボードの扉の色に合せたコーディネート事例をご紹介! | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 700例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!家づくりのヒントとなる情報を発信しております

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回のLDKは

フローリングがLIXILのラシッサDフロア

パーケット調のナチュラルオークF柄で

 

 

玄関ホールからリビングへ入る

ドアはVINTIAのネイビーブルー色

和室の3枚引き込み戸は

アルミフレームのアイアンブラック色

チェッカーガラスという建具でした。

 

 

 

床の色はややブラウンがかった

ナチュラルカラーで

ドアの色はネイビーブルー

一部の建具はブラック色という

内装に対してどんな色の家具を

合わせるべきか考えました。

 

・・・・

 

そこで内装の仕様書を

もう一度見ることとし、

 

目に入ったのがキッチンの背面の

カップボードです。

カップボードの扉の色は

タカラスタンダードのオフェリアの

TYU2686Cという色でした。

 

色の品番を調べると・・・

 

”ナチュラルカラー”ではありませんか・・・

 

 

そんなことから

家具の色はナチュラルカラーをチョイス

 

 

チェアやクッションをブラック色とし

ブルー色のクッションも取り入れた

ナチュラルコーディネートを

提案させて頂きました。

 

 

 

昨日の投稿は床の色に家具の色を

合わせたコーディネート提案でしたが

今回の投稿はフローリングの色に

家具の色を合わせるのではなく

また、ドアの色に家具の色を合わせる

のではない、コーディネート提案と

なりました。

 

 

内装はやや落ち着いた色ですが

家具・インテリアは

ナチュラル&ブラック・ブルー

をテーマカラーとしたコーディネート

ですが、なかなかいい感じとなりました。

 

 

テレビボードの背面の壁は

ホワイト色のヘリンボーン柄の壁紙が

貼られており、一見白い壁ですが

よく見ると表情があり

とても素敵でした。

 

 

上の写真もわかりずらいかもしれませんが

よ~く見るとヘリンボーン柄となっております

 

 

パーケット調のナチュラルオークF柄の

特徴的なフローリングに

ネイビーブルーのドアと

ナチュラルカラーの家具、

ブラック色のチェアとの

相性はいい感じでした。

 

 

参考にしてください。