ブラウン色の木目のアクセントクロスに合わせてウォールナットブラウン色を取入れたナチュラルコーデ | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 700例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!家づくりのヒントとなる情報を発信しております

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回のリビングダイニングは

PanasonicのベリテゥスフロアS オーク柄

のフローリングとドアという

明るいナチュラルカラーの内装に

リビングの大きな壁面に

木目のブラウン色のアクセントクロス

が貼られているLD空間でした。

(RE7530 サンゲツ)

 

 

リビングのアクセントクロスは

モザイク調の木目のデザインで

内装とは異なるブラウン色

 

 

そんなアクセントクロスを意識して

家具をチョイスさせて頂きました。

ポイントなるのが

ウォールナット無垢材を使用した

ツートンスタイルの家具です。

 

今回はダイニングチェアと

リビングテーブルのみツートンスタイル

としました。

 

 

ダイニングチェアは丸い座面部分のみ

ウォールナット無垢材を使用した

タイプで

 

 

リビングテーブルは天板のみ

ウォールナット無垢材を使用した

タイプとなります。

 

テレビボードは壁のブラウン色と

同じ色にせず、ナチュラルカラーと

することでテレビボードもアクセントクロスも

互いに映える気がしたので

ナチュラルカラーのテレビボードと

しました。

 

 

お部屋全体はナチュラルカラーですが

壁、家具の一部にブラウン色を

取入れることで空間が引き締まる

感じがしました。

 

今回はキッチンカウンターから

アクセントクロスの壁までが

5m以下だったので

 

 

 

家具のサイズは少し小さ目なタイプを

提案しました。

ダイニングテーブルは幅135㎝

ソファの奥行きは80㎝弱

テレビボードの奥行きが40㎝と

それぞれの家具をやや小ぶりな

タイプとすることで家具と家具の間が

広くとることができ、

さらに重厚感のある家具ではなく

ライトな印象の家具で統一することで

お部屋が狭く感じない

コーディネートを提案することができました。

 

最後にこんなスペースに・・・幅86㎝の家具を

提案しました。

 

それは玄関ホールからリビングへ

入ってすぐの壁面です。

 

 

このスペースは廊下より40㎝ほど広い

120㎝ほどの通路となっていたので

半間の壁面に幅86㎝のオープンラックを

設置しました。

 

玄関からリビングへ入り

お出迎えする形となりますが、

こんなスペースでも幅86㎝の家具であれば

気持ちがいいぐらい

きれいに納まります。

 

 

今回はダイニングテーブルの奥にも

設置し、

 

 

2つの収納家具を設置する

スペースに幅86㎝奥行40㎝高さ70㎝の

ハチロク家具を提案させて頂きました。

 

玄関ホールから入ってすぐのところの

ハチロクシェルフは

こんなところに置きたくないという場合は

テレビボード横のスペースにも

置けるよう考えてテレビボードの幅を

選びました。

 

 

お子さんのおもちゃや絵本

などこんなスペースに置いてみては

いかがでしょうか?

 

 

また、ソファ横にはスツールをサイドテーブル

として使用する提案をしました。

 

 

4人掛けのダイニングテーブルに

5人で食事をする際に

ソファ横のサイドテーブルは

本来スツールなので

ダイニングでも使用できます。

 

 

こんな使い方もいいですよね!

参考にしてください。