判楕円形のダイニングテーブルだからできるリビング空間、ソファ前を広くする家具の配置術 | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 700例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!家づくりのヒントとなる情報を発信しております

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回はリビングダイニングの広さに

特徴がある間取りに家具を

提案させて頂きました。

 

LDKは18.3畳ほどありますが、

キッチンがある方、

図面の左側が真北で

図面の右側の大きな掃出し窓が南側

というLD空間で

 

 

上の図に書かれた寸法は(右端部分)

東西方向(図面でいうと上から下まで)

の間口の寸法で

ダイニングスペースから赤いTVマークの

テレビボードを設置する壁までが

壁の内寸で5m弱という住空間でした。

 

この間取りに対して

下の図のように家具を配置した場合

 

 

ダイニングテーブルの幅150㎝

テーブルとソファの間90㎝

ソファの奥行き85㎝

テレビボードの奥行き40㎝の場合

壁の内寸がおおよそ4m85㎝ほどと

すると・・・

 

485㎝-150㎝-90㎝-85㎝-40㎝=

 

残りのスペースが120㎝ほどとなります。

つまりソファ前が1m20㎝となるのです。

 

ソファ前が120㎝ほどというのは

やや狭い印象となる為、ダイニングテーブルを

従来の長方形のテーブルではなく

別の形を提案しました。

 

それは・・・

 

半楕円形のダイニングテーブルです。

 

 

半楕円形のダイニングを壁にくっつける

ように設置すると

半楕円形のテーブルの奥行きが90㎝

ソファとテーブルの間を100㎝空けると…

 

485㎝-90㎝-100㎝-85㎝-40㎝= なので

のこりは170㎝となります。

つまりこのような家具の配置をすることで

ソファ前のスペースが1m70㎝空くのです。

 

(写真はソファ前を150㎝ほど空けている家具の配置です)

 

 

2つの家具の配置図面を横に並べると

一目瞭然です!

 

 

半楕円形のダイニングテーブルを設置

した方がソファ前がとても広く

使用できます!

 

 

 

また今回はこんな家具の配置も

提案しました。

 

半楕円形のダイニングテーブルを

壁に直線面を向けるのではなく

 

 

ソファ側に直線面を向ける

家具の配置提案です!

 

 

この置き方をすれば

食事をしながらテレビを見るのは

行儀が悪いかもしれませんが

家族全員でテレビを見ることができます!

 

 

 

実際のコーディネート事例は

ソファとテーブルの間を少し開けてますが

下の図面のように

ソファとテーブルをくっつけるように

配置することで、ソファの前がさらに広く

なるのです!

 

 

 

間取りの広さに合せて

上手に家具を選ぶことで

広々としたリビングダイニング空間

となることができるのです。

 

半楕円形のダイニングテーブルだから

できる家具の配置提案は

いかがでしたでしょうか?

 

 

直線面を壁やカウンター側に

くっつけるように配置しても良し

 

 

直線面をソファ側に配置しても良し

 

 

お部屋の使い方に合わせて

家具の配置を変えてみませんか?

 

インテリアショップBIGJOYでは

寸法入りの平面図をショールームに

お持ちいただければ

家具の配置アドバイス、

その配置に合う家具を紹介させて頂きます。

 

今回はナチュラルカラーの内装だったので

少しだけウォールナットブラウン色を

取入れたツートンスタイルの

ナチュラルコーディネートを提案しました。

 

テレビボードをツートン

リビングテーブルをツートン

 

 

チェアをツートン

 

 

サイドテーブルをツートンと

ナチュラルカラーとウォールナット

ブラウン色を2色使用した家具で

統一したコーディネートです。

 

 

参考にしてください。