なぜ「家具から始まる家づくり」というコンセプト掲げることとなったのか・・・! | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 700例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!家づくりのヒントとなる情報を発信しております

インテリアショップBIGJOYが発信する

コンテンツをご覧いただき

ありがとうございます。

 

このところ多くの方にブログをご覧いただき

大変うれしく思います。

 

いつもはコーディネート事例を

ご紹介しておりますが

今回は”家づくり”という視点で

家具屋ならではのお話できればと思います。

 

 

インテリアショップBIGJOYが掲げる

コンセプトは

「きっと家具から始まる家づくり」

という言葉で表現しております。

 

このコンセプトは

ハードからソフトを合わせるという

考え方ではなく、

ソフトからハードを合わせるという

考え方をするというものです。

 

家づくりをする上で

道具の使い方から、道具サイズから

(ソフト面)

住宅を、住まい(ハード面)

を合わせるという

考え方を一人でも多くの方に持って

もらうために掲げたものとなります。

 

そんなことをインテリアショップBIGJOYでは

今から8年ほど前から言ってきました。

 

 

それ以前は・・・・・・

 

「家具」は住宅に合わせて

オーダーで造れば良いと考えており

「住宅」というハードに

「家具」というソフトを合わせるものだと

考えておりました。

 

しかしながら、

あるお客様の接客を対応し、

その方と出会ったことで

従来の考え方ではまずいということを

思い知らされたのです。

 

そのお客様は

旦那様が単身赴任中にマイホームを

建てる計画をされている方で

家のことは奥様がほぼ一人で

打ち合わせを行い、

もう少しで完成するというタイミングに

BIGJOYへ来られました。

 

図面を見るとダイニングキッチン

スペースの2/3がキッチンスペース

となっており、

キッチンの背面に大容量の収納家具が

造り付けてありました。

 

ダイニングテーブルを探して見える

お客様でお話をさせて頂き

結果的にオーダーでダイニングテーブル

をつくることとなりました。

 

 

通常4人掛けの場合、幅150㎝奥行85㎝

ほどの大きさがポピュラーなサイズですが

そのオーダーのダイニングテーブルは

オーダーしなければなりませんでした。

その理由は

キッチンの背面の収納の扉を

開け閉めするためには

ダイニングテーブルの奥行きが

70㎝前後でなければならなかったのです。

 

通常4人掛けのダイニングテーブルは

奥行が80㎝~85㎝ほどで

奥行70㎝というダイニングテーブルは

存在しませんでした。そのためオーダーで

製作することとなりました。

 

それまでの考え方であれば

「家具」は住宅に合せれば良いと

考えていたので、なんの違和感もなく

オーダーでダイニングテーブルを

造れば良いのだと思っておりました。

 

しかしながら、数か月後

本当にあれでよかったのだろうか?

 

と疑問を抱くようになりました。

 

何でもかんでもオーダー、特注で

家具を製作すればよいというものでは

ないという考え方が芽生えたのです。

 

そのお客様へは

住宅のハードに合わせた結果

大柄なお子さん(当時高校生)が

お二人いらっしゃったにもかかわらず

奥行が小さいダイニングテーブルを

提案することとなり、

きっと窮屈な思いをされているのだろうと…

 

『家具』という存在は

住宅が設計されてから

考えるものという意識から

住宅というハードに

家具というソフトは合せれば良い

と思っておりましたが、

そのことが間違いであると

感じたのです。

 

もっと道具のサイズ、

その道具を使うスペースを

設計の段階で考えることができれば

こんな狭いダイニングには

ならなかったのだろうと・・・

 

ダイニングテーブルの大きさ、

チェアの奥行き

チェア後ろの通路のスペースを

しっかり考えていれば

キッチン周りの収納スペースを

少し削ってダイニングスペースを

広げることができたんだろうと・・・

 

その経験から

『家具から始まる家づくり』

というコンセプトとなりました。

 

家具は”家で使用する道具”

です。

住宅図面を見ると

その他の”家で使用する道具”

例えば、キッチン、トイレ、洗面台

洗濯機置き場、冷蔵庫置き場

お風呂の大きさなど

道具の大きさに合わせて

スペースがしっかりと計算されております。

 

しかしながら、図面には

家具と言われる、ダイニングテーブル

の大きさやソファの大きさは

アバウトに書かれたり、書かれなかったり

子ども部屋のベッドやデスクの場所も

アバウトなまま、施主様が使いたい

場所に設置しているものではない図面が

多く存在します。

 

その結果、家具を探す時点で

イメージしていたよりも狭いと感じたり

思い描いていた生活と

実際は異なるのだと

テンションが下がってしまう方も

少なくないのではないでしょうか?

 

『家具から始まる家づくり』というのは

決して家具を優先的に考える家づくり

というものではなく、

家づくりに置いて、設計の段階で

具体的な道具の使い方を考え

その使い方が実現可能な

スペースが反映されているか?を

同時進行で考える必要があるという

ものです。

 

 

照明計画やコンセントの有無

ガス栓の位置なども

具体的な生活をイメージしてこそ

「ここにコンセントが欲しい」

となると思います。

 

そこにはソファの大きさ

テレビボードの大きさ

空気清浄器の大きさ

お掃除ロボットの収納場所

掃除機の充電場所

スマートフォンの充電場所

などあらゆる生活の仕方を

具体的に考える必要があるのです

 

 

こんなプロセスをしっかり

踏まえてこそ理想の住まいに

近づくのではないでしょうか?

 

インテリアショップBIGJOYでは

家づくりにおいて

図面が確定する前に

道具のサイズや家具の配置を

しっかり提案させて頂きます。

 

 

現在進行形の図面をお持ち頂き

具体的な生活のイメージを

考えて頂き、

ご来店頂ければと思います。

 

”きっと家具から始まる家づくり”

 

インテリアショップBIGJOY

の思いが詰まった言葉です。

 

是非、今後の家づくりに

活かしてもらえればと思います。

 

※写真は文章とは関係なく

イメージで掲載しております。