【子供部屋の家具配置提案】デスクとシェルフの組合せ提案やカーテンと家具とのかかわりをご紹介します | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 700例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!家づくりのヒントとなる情報を発信しております

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回は子供部屋の家具の配置提案

についてお話させて頂きます。

いつもはリビングダイニングの

家具の配置提案だけですが、

家具レンタル事業「KAGURENT」で

2階の主寝室や子供部屋も

提案することがまれにあります。

 

そんな事例を今回ご紹介

出来ればと思います。

 

まずはちょっと広めな子供部屋
8畳ほどの広い子供部屋の
家具の配置提案です!
 

(図面はイメージ図)

 

今回ご紹介する8畳の子ども部屋は

「広めのデスクとシェルフの組合せ」

をご紹介します。

 

図面の下を南としお話させて頂きます。

南面の窓の横にクローゼットがあり

北側のドアも端ではなく

お部屋の中央よりやや左よりに

取り付けてある

ちょっと珍しい間取りでした。

 

そのため

クローゼット横の壁面、2mほどの

壁面にワークスペースを設置する

こととしました。

 

 

幅2mほどの壁面に

ちょっと広めな幅150㎝のデスクと

シェルフを組合せて提案

デスクの幅が広いため

シェルフの側面を壁に当てて

デスクとシェルフがL字型となるように

配置しました。

 

 

デスクの高さとシェルフの高さが

同じような高さだからこそ

出来る家具の配置術です

 

左利きのお子さんであれば

デスクワゴン(引き出し部分)を

左側に持ってくると

いいかもしれません

 

デスクの横に設置したシェルフは

ランドセルラックとなりますよ!

小学生の間はリビングで

勉強する子供が多いですよね!

 

以前にもデスクとシェルフを

L字型に組み合わせた事例を

ご紹介しました。

 

(2018年9月24日投稿)

 

こんな使い方もありですよね!

 

シェルフは幅86㎝高さ70㎝奥行き40㎝

幅150㎝のデスクと奥行き40㎝

合わせて190㎝となるので

2mの壁面にちょうど納まります。

 

 

さらに幅86㎝高さ70㎝というサイズは

こんなスペースにもちょうど納まります。

 

 

ベッドフレームの足元のスペース

引き戸の戸袋と腰高窓側の壁

の間のスペースに

すっぽりと納まります。

 

 

幅86㎝だからこそすっぽり収まり

高さ70㎝だから腰高の窓に取り付ける

カーテンの裾と家具は干渉しません!

 

ベッドの設置場所も

バルコニーへ出入りする

掃出し窓の位置がお部屋の角から

離れているため

ベッドのヘッドボードとカーテンが

干渉しません!

 

 

ベッドの横にナイトテーブルを置いても

大丈夫なほどスペースがございます!

これだけスペースがあれば

セミダブルベッドでもいいですよね!

 

ベッドのフレームとカーテンの

干渉については次の事例でご紹介します

 

次は一般的な6畳ほどの子ども部屋です

 

(図面はイメージ図)

 

「子ども部屋あるある」ですが

バルコニーへ出るための大きな窓

に取り付けたカーテンと

ベッドのヘッドボードが干渉するのです

 

通常、

ベッドを設置する位置は壁の広さが

90㎝ほど、シングルサイズのベッド

フレームの幅は100㎝なので

10㎝ほど窓とかぶります

 

 

今回は10㎝ほど窓をずらしているため

壁面が100㎝ほどありますが、

カーテンの位置とベッドのヘッドボードが

干渉してしまいます。

 

 

そのためベッドのヘッドボードを

壁から10㎝ほど離さなくてはなりません。

 

今回はモデルルームなので

一般的な家具の配置を提案しましたが

BIGJOYでは過去にこんな家具の配置

を提案したことがあります。

 

それは・・・

 

掃出し窓側にベッドのフットボードを

向けるという提案です。

 

 

このようにすると

足元の明るさが確保できます!

 

ベッドのヘッドボード裏に

デスクを設置するという

考え方も面白いですよね!

 

 

今回はデスク横もカーテンスペースを

空けてデスクを設置しました。

 

 

ウォールナットブラウンの家具と

デニムカラーのチェアや

ビーズクッションを置き

コーディネート提案させて頂きました。

 

 

子ども部屋の家具の配置は

ベッドの置き場所とデスクの置き場所

を図面の段階で先に決めることが

大切です。

 

 

特に、デスクの設置場所に腰高の窓

がある場合は、

取り付けるカーテンの丈と

デスクが干渉しないように

してもらいたいです。

 

限られたスペースにどのように

家具を配置するのか?

家が出来てから後付的に

家具を合わせるのではなく

図面の段階からベッドの位置

サイズ、ヘッドボードの高さを

しっかり確認し、

デスクの大きさや窓との干渉

などがないか確認し、

 

 

クローゼットの扉の開閉とカーテンレールが干渉しないか?

 

など注意して下さい。