お部屋の広さに合せて家具をチョイス!半楕円形のテーブルと背が低いチェアを取入れ動線を広く提案 | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 700例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!家づくりのヒントとなる情報を発信しております

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回は

「こんなダイニングテーブルがあるんです」

という言葉からスタートしたいと思います。

 

お部屋のスペースを考え

家具をチョイスさせていただきました。

今回考えた家具のチョイスの仕方により

生活動線がとても広々と

感じて頂けるよう配慮させて頂きました。

 

そんな家具がこちらです。

 

 

半楕円形のダイニングテーブルと

背が低めなダイニングチェアです。

 

今回提案したダイニングテーブルは

ソファとの距離感を少しでも

広くするため曲線を使用した

テーブルとしました。

 

 

半楕円形のテーブルの形状に寄り

テーブルとソファとの距離を

稼ぐことができます!

 

また、3つのチェアのうち

リビング側に提案したチェアは

背もたれ部分がとても低めな

タイプとしました。

 

このチェアを提案した理由は・・・

 

こちらです。。。

 

 

ダイニングテーブルの下に

チェアが納まるのです。

 

 

このようにすることで

使用していない時は

ダイニングチェアをテーブルの下に

入れ込むことができます。

すると、ダイニング空間とリビング空間

の間が広くなる為

広々とした生活動線を確保することが

できるのです。

 

 

 

このように比べると一目瞭然

ですよね!

 

また、今回写真撮影は時間の関係で

できませんでしたが、

ソファ後ろにキッズスペースを提案し

階段下にドロワーベンチを提案しました。

 

 

そこにベンチを提案した理由は・・・

 

ダイニングテーブルを40㎝ほど

リビング側に動かし

テーブルとキッチンの側面の間に

ベンチを入れ込むことができるよう

考えました。

 

 

そうすると4人掛けの

ダイニングとなることを想定!

 

また、ソファをややテレビボード

よりに設置し、ダイニングを思い切って

ソファ後ろにもってくるなんて時にも

4人掛けとなるよう

キッチンの背面のデスクカウンターに

設置したチェアも

ダイニングのチェアと合わせて提案!

 

 

また、今回の間取りでは

こんな使い方もイメージできました。

 

言葉だけで申し訳ございませんが

今回のLD空間は

ソファを中央として

両サイドの壁面にテレビの

マルチメディアコンセントが

あるため

 

 

 

テレビをどちらの壁にも設置できるのです。

 

 

先程ソファ後ろのスペースに

ダイニングスペースをという話をしましたが

ソファの向きを階段側に向けて

ラグを敷いたスペースを

ダイニングスペースとしても

使用することができるのです。

 

たまたまですが、

片側の壁には幅150㎝のテレビボード

 

 

もう片側の壁には幅80㎝のドロワーベンチ

が2本で総幅160㎝の家具が

テレビボードとして使用してしまうことが

できます。

 

気分によってテレビの位置を

変えるなんていうお部屋の活用術が

実現できる素敵な間取りと思いました。

(写真撮影をするともっとわかりやすいのですが

時間がなくて。。。申し訳ございません)

 

今回ソファ後ろ、階段下のスペースに

幅86㎝の絵本やおもちゃ収納シェルフを

提案し、さらにその横にドロワーベンチを

2本提案しました。

 

 

ソファ後ろをキッズスペースとして

提案し、ドロワーベンチには

大容量の引き出し2杯あるため

たっぷりとおもちゃを収納できます。

 

 

階段下のスペースをより有効活用

するためにベンチの高さの

引き出し収納があれば

階段下の低くなったスペースも

出来る限り使用することができます。

 

 

とてもいい提案ができました。

 

さて、最後に今回のコーディネートについて

ご紹介します。

 

今回はオーク材のフローリングに

タモ材のデスクカウンターというナチュラル

色のリビングダイニングに

ダイニングの照明、ドアの取手

階段の手すりなどがブラック色という

こともあり、

 

オーク材のナチュラルカラーの家具に

アクセントカラーとしてブラック色を

提案しました。

 

デスクカウンターには

同じようなデザインのチェアを

ナチュラル色とブラック色を2本並べ

 

 

 

ダイニングは3本中2本のチェアを

ブラック色、

 

 

とすることでダイニングの照明との

バランスがとてもいい感じとなりました。

 

リビング空間にもクッションだけですが

ブラック色のものを取入れました。

 

ソファに合わせた背クッションと

 

 

ソファ後ろのラグの上に置いた

ビーズクッションをブラック色とし

 

 

ほんの少しだけ

ブラック色を取入れた

素敵なナチュラルコーディネートを

提案することができました。

 

 

とても素敵なリビングダイニング空間で

私自身もテンションがあがりました。

 

 

参考にしてください。