幅170㎝前後のTVボードがあればカーテンがきっちり納まる!窓が大きい場合は家具のサイズに注意! | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回は家具の選び方について

2つのポイントをご紹介させて

頂きます。

 

1つ目はテレビボードのサイズについてです。

テレビボードの多くは幅150㎝(160㎝)の

次の大きさは幅180㎝となりますが、

幅170㎝のテレビボードがあれば・・・

と思うことがあります。

 

幅170㎝のテレビボードがあれば、

カーテンがきっちり納まるという事例が

あるのです。

そんなコンテンツをご紹介します。

 

(写真のテレビボードは幅170㎝)

 

2つ目は家具の高さを揃える

という提案です!

ダイニングテーブル、収納家具、

ソファの肘と背の高さを揃えることで

見た目が美しくなります!

凸凹感がないスッキリとした

家具の配置となります。

 

 

そんな2つのコンテンツを

ご紹介したいと思います。

 

先ずご紹介するのが

テレビボードのサイズについてです。

今回のLDKは南向きの間取りで

リビングに標準よりも

少し大きめな掃出し窓

がついているため

 

(【18022】という窓で幅180㎝高さ220㎝の窓がついております)

 

さらにリビングの間口が二間3640㎜よりも

155㎜ほど狭い間口なので

掃出し窓がテレビボード側に少し

寄っているリビングでした。

 

それゆえカーテンとテレビボードが

干渉します。

 

掃出し窓のカーテンが

テレビボードのすぐ際までくるため

テレビボードと壁の間を10㎝ほど

空けるとカーテンがきっちりと

納まります。

 

 

この壁面は柱芯から柱芯までの長さが

1820㎜の壁面で

有効寸法は180㎝ほど、そこへ幅170㎝の

テレビボードを設置すると・・・

 

テレビボードの端を引き戸のドア枠に

きっちり揃えると・・・

 

 

幅180㎝ほどの壁面に

幅170㎝のテレビボードとカーテンが

きれいに納まります。

 

(写真のテレビボードは幅170㎝)

 

同じような間取りで幅180㎝の

テレビボードを置くと・・・

 

(写真のテレビボードは幅180㎝)

 

このようになります。

 

 

このリビングも南面の掃出し窓が

大きいため、テレビボードのすぐ横に

カーテンが来るため

幅180㎝の壁面に

幅180㎝のテレビボードを設置すると

窓枠よりも10㎝ほどはみ出して

しまうのです。

 

 

このような事例はリビングの

掃出し窓の大きさが大きい場合

窓を大きくしてリビングにより

光を入れたいという設計の場合に

注意しなければなりません。

 

インテリアショップBIGJOYでは

幅172㎝のテレビボードを推奨しております

 

 

(以前に紹介した幅172㎝のテレビボードカーテンの納まるスペースを計算すると幅172㎝が有効です!)

 

幅172㎝は幅86㎝の2倍の幅で

すなわち、86(ハチロク)家具の

モジュールとなります。

 

巷で販売されているテレビボードの

多くは幅150㎝もしくは幅160㎝の

テレビボードの次の大きさは幅180㎝

となってしまい、幅170㎝前後の

テレビボードはほとんど存在しません。

 

 

(右側のテレビボードは幅172㎝壁の有効寸法2m60㎝ほどのスペースに幅172㎝と幅86㎝の家具で合わせて幅2m58㎝がきっちり納まります)

 

なぜだか、製造メーカーも

幅180㎝のテレビボードしか企画せず

幅170㎝というサイズは

あまり見かけることはございません。

 

しかしながら、BIGJOYでは

木造建築の間取りであれば

幅170㎝前後、幅172㎝のTVボードは

必要と考えております。

 

上記の条件に当てはまる間取りの

場合は、BIGJOYが推奨する

幅172㎝のテレビボードを是非

ご検討ください。

 

(写真の中央のテレビボードが幅172cm両端は幅86㎝で総幅3m44cmのテレビボード)

 

 

次にご紹介するのが

家具の高さを揃えるという提案です。

 

今回は

ダイニングテーブル

シェルフ

ソファ

の高さを70㎝で揃えました!

 

 

家具の高さを揃えることで

家具の凸凹感がなくなり

なんとも美しく見えます!

 

 

特にソファの肘(背)の高さと

すぐ隣のシェルフの高さを

揃えることで

ソファとシェルフの一体感を

感じることができます。

 

 

インテリアショップBIGJOYでは

家具の幅を86㎝、高さを70㎝で

統一することができるよう

ソファの足の長さを変えたり

しております。

(座面の高さも変わります)

 

そんなオリジナルの提案で

家具の高さを揃えることが

できるのです!

 

 

今回のコーディネートは

内装だけ見るとベリッシュオーク柄

のフローリングとドア

というナチュラルカラーのみですが

現場へ行くとライトブルー色を

基調としたカーテンがついており

 

(カーテン生地はサンゲツSC3425です)

 

そんなカーテンの柄を意識して

ソファのクッションにライトブルー色が

入った幾何学柄のクッションを

1つ設置しました!

 

カーテンとソファのクッションを

合わせることで

素敵なコーディネートとなった

ように思います。

 

 

リビングダイニングのコーディネート

に置いて、カーテンやクッション

ラグなどでテーマカラーを取り入れた

コーディネートも素敵です

 

参考にしてください。

 

ハイバックのチェアもかっこいいですよね

最後に付け加えます!(^_^;)

 

 

 

 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ