どのように家具の色を決める?① 家具の色は床の色だけでは決めることができません! | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYがいままで

コーディネートしてきた事例を

まとめてご紹介します!

 

 

今回は

どのように家具の色を決めるか?

という点に焦点を絞って

お話したいと思います。

 

 

いままで700事例以上の

コーディネート提案をしてきました。

今年もすでに60事例以上

コーディネート提案をしてきました。

インテリアショップBIGJOYでは

どんな点に気を付けて

コーディネートをしているか?

家具の色を決めているのか?

というプロセスを紹介します。

 

 

ご来店頂くお客様の中には

「内装がウォールナットブラウン色

にしたけど、お部屋が暗くならないか

心配です。家具だけでも

明るくした方がいいのでしょうか?」

などと質問をして頂くことが

よくあります。

 

そんな方にも今回のブログを

是非見て頂きたいと思います。

 

今回のブログのタイトルは

家具の色は床の色だけでは

決めることができません!と

書きました。

 

昨日、ご紹介したコーディネートも

床はTJオーク柄といって

グレージュ色のフローリングでした。

家具の色はドアの色、

和室の襖の色などから

決めました。

 

 

ドアはウォールナットブラウン色

和室の襖の縁回りはブラック色

 

この2色を取入れ、

とりわけグレージュ色の床との

相性を考えてブラック色を

メインカラーとしました。

 

 

ウォールナット材の家具と

ブラック色、グレー色を取入れた

コーディネートを提案させて頂きました。

 

 

このように家具の色は床の色だけで

決めるのではなく、

ドアの色、壁の色、

キッチンカウンターの色などから

総合的に考えて決めていくものと

考えます。

 

 

今回は、

今までコーディネートした中で

特徴的なコーディネートを

いくつかご紹介したいと思います!

 

先ずご紹介するのが、

ドアの色、カップボードの色、
階段の手すりの色に合せて

コーディネートした提案をご紹介します

 

 

床の色、フローリングの色は

オーク材のナチュラルカラーなので

家具はナチュラル系の色で合わせました。

 

このLDKの内装で特長的な色は

ブラック色で、キッチン奥のカップボードの

色がブラック色、

 

 

階段の手すりの色がブラック色

でドアもブラック色、デスクカウンターの

照明の色もブラック色でした。

 

 

それゆえダイニングのチェアを

ブラック色とし、

 

 

ソファに合わせた背クッションなども

ブラック色としました。

 

 

こんな考え方、プロセスで

家具のコーディネートができます。

 

次にご紹介するのが

グリーン色の照明に

アクセントクロスがグリーン色系

(テレビボード横の収納の内部)

という内装に合わせて

提案したコーディネートをご紹介します。

 

 

手前のダイニングのペンダントライトが

モスグリーン色、

テレビボード横の収納の横壁が

エメラルドグリーン色というだったので

 

 

ソファにグリーン色のストライプの

クッションを合わせたコーディネートです!

 

 

フローリングはオーク材で窓の枠は

ブラック色、階段の手すりもブラック色で

階段の奥の壁面はコンクリート調の

アクセントクロスがありました。

 

 

そのため、ダイニングテーブルやチェアを

ブラック色のスチール脚、スチールフレーム

の物を提案し、

ラグとソファの背クッションをグレー色と

しました。

 

テレビボード横の収納スペースの

奥の壁には古材柄のアクセントクロス

が貼られていたので

ダイニングテーブルも古材を使用した

天板を取入れました。

 

こんなように内装に合わせて

家具をチョイスすることが

できるのです。

 

次も照明の色を意識した

コーディネートとなります。

 

 

 

ナチュラル系のペカン柄のフローリングに

照明が木目のブラウン色にブラック色が

取入れられたタイプで

キッチンの側面や裏板がブラウン系という

内装でした。

 

そんな空間に合わせたコーディネートが

ウォールナットブラウン色とブラック色

をミックスした提案です。

 

 

ダイニングテーブルは

ウォールナットブラウン色で

チェアをブラック色

 

リビング空間もウォールナットブラウン色

のテレビボードやソファに

ブラック色のサイドテーブルと

パーソナルチェアを提案しました。

 

 

このコーディネートは床の色は

全く意識せず、キッチンの色と

照明の色を考えて

コーディネートした事例です!

 

 

これぞまさに

家具の色は床の色で決めない!

という事となります。

ドアの色やキッチンの色、照明の色

アクセントクロスの色・柄が

重要なのです!

 

次にご紹介するのが

キッチンの色に合せて

コーディネートした事例となります。

 

 

フローリングはウォールナットブラウン色で

キッチンの側面と背面がグレー色の木目

でキッチン横のニッチ収納部分も

グレー色の壁紙のキッチンに合わせて

ダイニングのチェアを4本中1本を

グレー色とし、

 

 

ソファとラグをグレー色とした

コーディネート提案です!

 

 

床の色に合せて

家具類はウォールナットブラウン系に

しましたが、アクセントカラーとして

グレー色やブラック色を

取入れた素敵なコーディネートを

提案することができました。

 

家具の色は床の色だけできめる

のではなく、キッチンの色や

壁の色なども重要なのです。

 

もっといっぱい紹介したいのですが

一度にすべて紹介すると

話が長くなり過ぎるので

日にちを改めて②を投稿したいと

思います。

 

最後に、先程はウォールナット

ブラウンカラーのコーディネートに

グレー色のチェアとソファを

合わせたコーディネートでしたが、

 

今度はナチュラル系の

コーディネートにグレー色を

取入れた提案を最後に紹介します。

 

 

こちらのリビングダイニング空間は

テレビボードの背面にブルーグレー色の

アクセントクロスが貼れていたので

ナチュラル色の家具に

グレー色を取り入れた

コーディネートを提案しました!

 

ソファのカバーをグレー色

ソファの手前にグレー色のチェアを

置き

 

ダイニングにもグレー色を取入れました

4本中1本をグレー色とし

ダイニング奥のデスクカウンターにも

グレー色のチェアを設置しました。

 

 

ナチュラル&グレー色のテーマカラーも

素敵です!こちらのコーディネートも

床の色とデスクカウンターの

ナチュラル色に合せて家具をチョイス

しましたが、アクセントカラーとして

壁紙の色を取入れた

コーディネートとなります。

 

次回は最後に紹介した事例のように

アクセントクロスの色に合せた

コーディネート提案事例を

たくさんご紹介できればと思います。

 

 

参考にしてください。

 

 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ