ソファを壁に沿って置くことができるから『ベッドソファ』を置いてもソファ前にスペースが確保できる | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回のリビング空間は

よく見かける広さで

柱芯から柱芯が3640㎜×3640㎜

(玄関ホールのドアから掃出し窓まで)

の正方形の間取りでした。

(ダイニングスペースが隣につながってます)

 

そんな一般的な広さのリビング空間に

奥行き120㎝ほどの『ベッドソファ』を

提案しました。

(正確な寸法は奥行き116㎝)

座面が100㎝あるソファを置いても

ソファ前には十分な広さを確保することが

できました。

(一般的なソファの座面の広さは50cmほど)

 

 

このような間取りの場合

間取りによっては、また

玄関ホールの広さによっては、

玄関ホールから入ってすぐ

ソファの背中となる場合も

少なくありません。

 

(以前に他の物件で紹介した

玄関ホールから入ってすぐソファの背中という事例)

 

そんな間取りであれば

ソファの後ろに通路を確保しなければ

ならないため、

ソファ前がやや狭くなってしまう

ことがあります。

 

(以前に他の物件で紹介した

玄関ホールから入ってすぐソファの背中という事例)

 

しかしながら今回の間取りは

建物の端(掃出し窓の壁)から

3640㎜の柱の手前に

玄関ホールから入るドアがあるため

 

 

玄関ホールからリビングへ入ると

左側に2m70cmほどのスペースが

できます。

 

それだけの広さがあれば

3人掛けのソファと観葉植物を

置くことができるのです。

 

 

 

ソファをめいっぱい下げることが

できるため、大きなソファを置いても

ソファ前は広々とした空間となるのです

 

今回提案した『ベッドソファ』は

ソファの奥行きが116㎝ある

奥行きが長いタイプですが、

(通常のソファよりも15㎝~20㎝ほど長い)

そんな奥行きのある

『ベッドソファ』を置いても

ソファとテレビボードの間は

2m弱の広さとなります。

 

今回はソファ前に

幅200㎝奥行き140㎝のアクセントラグ

を敷いてもまだ余裕があるほどです。

 

 

 

 

 

今回、提案した『ベッドソファ』は

以前にもブログで紹介しましたが、

今まで存在してきた『ソファベッド』とは

異なる意味も加味して、

あえて『ソファベッド』ではなく、

『ベッドソファ』と言葉を入れ替えて

ご紹介しております。

 

 

従来の『ソファベッド』は

ベッドとして使用する時のみ

座面を平らにしますが、

言葉を入れ替えた『ベッドソファ』は

ソファとして使用する時でも

ベッドのマットレスを座面とする

考え方なのです。

 

ベッドのマットレスの側面に

背板がついており、

マットに座り背板にもたれると

ソファとなるように設計しております。

 

このソファに3人で座ると・・・

3人とも足を投げ出してソファに

座ることができるのです。

 

カウチソファは、通常一人しか

足を伸ばして使用することが

できませんが、

この『ベッドソファ』であれば

3人で座って、3人全員が

足を伸ばして座ることができるのです

 

 

いままでの『ソファベッド』の

固定概念を覆す、考え方で

開発したソファなのです。

 

この考え方こそ、

私、インテリアショップBIGJOY

が発案した考え方なのです。

 

「家具」を使い方から発想し

商品開発をすることで

今までになかった「家具」を

作り出すことができました。

 

 

 

今回のコーディネートは

フローリングがオーク柄の

ペールグレー色で

ドアやカウンターは

オフブラック色という内装に対して

 

 

 

ウォールナット無垢材の家具と

ブラック色、チャコールブラック色を

アクセントカラーとした

コーディネート提案です。

 

 

キッチンカウンターや

ダイニングスペースのカウンターなど

がブラック色ですが、

家具の色をウォールナットブラウン色

とすることで

優しい印象となりました。

 

 

グレー色のカーテンと

ウォールナット材の家具の相性もよく

素敵な住空間となりました。

 

 

参考にしてください。

 

 

 

 

 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ