「お掃除ロボット」を使う事を考えた家具選びを提案するコーディネート事例をご紹介!島ソファもご紹介 | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回のLDKは

フローリングがアーキスペック

(Panasonic)のブラックチェリー柄で

カップボードの上台やドアは

ソフトチェリー柄

キッチンの面材はネイビーオーク色

という内装でした。

 

 

そんなリビングダイニング空間に

提案した家具はオーク材を使用した

ナチュラル色の家具をチョイスしました。

 

 

コーディネートのテーマは

「お掃除ロボット」を使用することが

できるよう家具をチョイスし

さらにはBIGJOYオリジナルのアイディア

「島ソファ」を提案しました。

 

先ずご紹介するのが

「島ソファ」についてご紹介します。

 

 

今回のリビングは

よくあるリビングの広さで

間口が3640㎜(柱芯から柱芯まで)

テレビボードの背面からキッチンの

天板端までが4m36㎝ほどと

縦長のリビング空間でした。

 

 

通常のリビング空間は

3640㎜×3640㎜の正方形で

空間を仕切るイメージですが

今回は910㎜ほど広さのある

リビング空間だったので

ソファを島型に設置してみました。

 

 

幅184㎝奥行き162㎝の島ソファを

置いてもソファとテレビボードの間は

幅120㎝ほどのスペースができます。

 

 

ソファ前は本来もう少し広いスペースが

確保できますが、今回はソファ後ろに

幅90㎝のリビングテーブル兼ベンチ、

兼サイドテーブルという家具を設置しました。

 

 

ソファ前にテーブルを置くことができない分

ソファ後ろにサイドテーブルを設置する

事を提案したのです。

 

 

このサイドテーブルは

2つを組合せてひとつのリビングテーブル

として使用できるよう考えた

BIGJOYオリジナル家具で

 

 

「島ソファ」ではなく、

普通のカウチソファとした場合、

広く空いたソファ前のスペースに

2つ並べて置くことができるよう

考えました。

 

「島ソファ」として使用するソファ

にはサイドテーブルとして使用し

 

 

「カウチスタイル」として使用するソファ

にはリビングテーブルとして使用できる

アイテムなのです。

 

 

 

 

 

今回のリビングの間口は

有効寸法が3m50cm。

そんなスペースに

幅2m54㎝のカウチソファを

置きました。

 

ソファの片側を壁にくっつけるように

配置すると・・・

 

カウチソファ横には100㎝、1mほどの

スペースが空くので

狭く感じませんでした。

 

 

リビングの使い方に合わせて

ソファを「島ソファ」「カウチソファ」

と組合せを変えることで

快適なリビングライフを

過ごしてもらえればと思い

提案させて頂きました。

 

 

 

さらに・・・

今回のコーディネートテーマは

「お掃除ロボット」を使用することを

考えた家具のチョイスを提案しました。

 

それはセミアームチェアとソファの脚

がポイントとなります。

 

先日、ブログにある方から

コメントを頂きました。

ワールドビジネスサテライトという番組で

「ルンバブル(ルンバ+エイブルable)」

という言葉が取り上げられてましたよ!

というコメントで、

BIGJOYも早速、

ルンバを使用することができる

家具の選び方を提案させて頂きました。

 

今回提案したBIGJOY流の

「ルンバブル」はダイニング空間と

リビング空間に提案!

 

まずダイニング空間は

セミアームのダイニングチェア

を提案!

 

セミアームチェアとは

ちょい肘ともいい

すこしだけアームがついている

チェアとなります。

 

 

このセミアームチェアの肘の下を

テーブルの天板面にひっかけると…

 

 

 

脚が床から10㎝ほど離れます。

 

 

さらにリビング空間にも「ルンバブル」

を提案!

ソファの足の高さが17cmあるタイプを

提案!

 

 

ソファの下をお掃除ロボットが

入り込むことができます。

 

今回提案したソファは

BIGJOYのオリジナル仕様で

脚の長さが長いタイプです。

 

 

通常、ソファの座面の高さは

38㎝前後で

こちらのソファも通常は39㎝

ロータイプ仕様で31㎝という

座面の高さとなりますが、

このソファは

BIGJOYオリジナル仕様!

通常よりも5㎝ほど高い脚なので

座面高が44cmほどとなるソファなのです。

 

日本製のソファで

座面高が44cmというのは

常識から外れた高さで

ソファメーカーでは

絶対に企画されない高さとなります。

いわば、ソファの非常識

なのです。

 

しかしながら、BIGJOYは

ソファメーカーではないからこそ、

そんな常識を覆す提案ができます。

 

通常はソファの座面高を38㎝前後としますが

BIGJOYは通常のソファの座り方を

推奨していないので、少々座面の高さが

高くても問題ないと考えております。

 

ここでいう通常のソファの座り方というのは

床に足をつけてソファに腰掛ける

ものですが、

BIGJOYが提案するソファは

ソファの座面の上に座る

ものとなります。

 

ソファに「腰掛ける」ではなく、

ソファの座面の上で「床に座る」

ような姿勢でソファに座る

提案をしております。

 

 

先日もとあるInstagramの投稿を

見ていたところ

「ソファがいる?ソファがいらない?」

とご夫婦で意見が異なる

という話を見ました。

 

「ソファはいらない!」という主張は

ソファに座らず、結果的に

ソファを背もたれのようにして

床に座ってしまうというものでした。

 

ソファの座面の高さ、座面の奥行きは

「腰掛ける」ことができるように

設計されており、

ソファの上で床に座るような姿勢

をとることができません。

そのため、そのような主張となるのです

 

 

しかしながら、BIGJOYでは

背クッションの使い方によって

座面の奥行きを調整し

ソファの上で胡坐をかいたり

立膝をついたり、体操座りを

する提案をしております。

 

今回提案した「島ソファ」も

座面の奥行きが70㎝ほどあるため

背クッションを外してソファに座ると

大柄な男性でもゆったりと座る

ことができます。

 

 

ソファは「腰掛ける」ものではなく

「座る」ものであると考えているので

ソファの座面の高さは

やや軽視しているのです。

 

このことこそ「ソファの常識を覆す」

BIGJOYのソファ提案となります。

 

そんな提案こそ

「ルンバブル」、「お掃除ロボット」が

ソファ下を通ることができ、

かつ掃除もしやすくなるのです。

 

 

参考にしてください。

 

BIGJOYでは家具(道具)の使い方から

考えたアイテムを揃えております。

デザイン性よりも使い勝手を意識した

家具たちを多く並べ

みなさんが考え付かないような

家具の使い方を提案できるよう

心がけております。

 

そんなBIGJOY流の家具の使い方は

ブログだけでなく、

名古屋のショールームで

たくさん紹介しております。

BIGJOYが独自に考えた

「家具の使い方」を是非見に来てください。

 

 

 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ