新型「島ソファ」ソファの組合せを変えて、ダイニングテーブルの向きを変える家具の配置提案をご紹介 | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回提案したLD空間は2階で

フローリングはホワイトクルミ柄

建具はメープル柄のペール色で

とても明るい内装で統一されて

おりました。

 

 

そんな住空間に提案した家具は

オーク材のナチュラルカラーのもの

アクセントカラーとしてライトグリーン

色を取り入れた

ナチュラルコーディネートを提案しました

 

 

ブログのタイトルにも

書かせて頂きましたが

今回は新型の「島ソファ」を提案!

 

今まで紹介してきた「島ソファ」は

2人掛けの片肘ソファをベースと

しているため長さが160㎝前後でしたが、

 

今回提案した「新型島ソファ」は

1.5人掛けソファで

ソファの長さが120㎝と

40㎝ほど短いソファなので

ショートタイプの「島ソファ」となります。

 

 

幅120㎝の片肘ソファを2つ

左肘1.5人掛け片肘ソファを

右肘タイプと左肘タイプを提案!

 

幅120㎝のソファを横一直線に

配置すると・・・

幅2m40㎝の大きなソファとなります。

 

 

また、

今回のリビング空間は

ソファ後ろにスペースがある間取りで

(階段スペース分)

そのスペースに幅86㎝のシェルフを

2つ並べました。

 

 

ソファ後ろのスペースを

子どものおもちゃ収納スペースとする

家具の配置提案です!

 

 

今回のリビングダイニング空間は

キッチンカウンターから掃出し窓までは

5m80㎝ほどあり、とても広い住空間だった

ためその長さを活かして

幅2m40㎝の大きなソファを提案しました。

 

 

家具の配置を考えると

幅2m40㎝の大きなソファを置いても

ダイニング空間は広いため

ダイニングテーブルをキッチンと平行に

配置しました。

 

 

幅180㎝の6人掛けの大きな

ダイニングテーブルもゆったり納まる

ほどの広い空間でした。

 

 

この家具の配置は

ソファ後ろにキッズスペースを

設けたため

ソファ後ろに通路が必要で

ソファ前がやや狭くなります。

 

そのため、リビングを広く使用

するためにはソファの位置を

変えなければならないと考えました

 

そこで提案したのが

ソファの組合せを

「島型」とすることで

ソファ前のスペースを広くする

家具の配置です。

 

それがこちらです

 

 

「島型」のソファをリビングの奥

先程まで子どものおもちゃ収納

スペースとしていた場所に

ソファを移動させ

ソファ前を広々とした

空間となるように提案!

 

 

奥行き90㎝ほどの1.5人掛けソファを

縦に2つ置いても幅180㎝ほどで

掃出し窓側にはカーテンを納められるよう

窓とソファは10㎝ほど離し設置!

 

長さも通常160㎝ほどですが、

今回提案した新型「島ソファ」は

1.5人掛けの幅120㎝なので

ショートタイプの島ソファとなり

よりソファ前が広く感じることができます。

 

 
このようにソファの設置場所を変えると
とても広いリビングとなります。
 
上の写真でダイニングテーブルの
向きが変わっていることに
気がつく方もいらっしゃると思いますが
先程までソファ後ろに置いていた
幅86㎝のシェルフ2本を
 
 
ダイニング横に移動させたため
テーブルの向きを変えることとしました。
空いたスペースにソファを
移動させたのです
 
 
 
ダイニング奥の腰窓下のスペースに
収納家具を置くことで
すこし間延びしていたダイニング空間が
いい感じとなりました。
 
 
 
今回の家具の配置術は
ソファの組合せを一直線型と島型
と替えて
オープンラックの設置場所を変更し
さらに、
ダイニングテーブルの向きを変更する
という内容をご紹介しました。
 
お部屋の広さに合せて家具を配置し
お部屋の使い方に合わせて
家具の配置をすることができる
広いリビングにコーディネート提案を
することができました。
 
 
お子さんが小さい時期は
ソファを島型として
ソファ前を広く使用し、
ソファ前におもちゃを広げて遊べます
野球少年であれば素振りができるほど
広くなります。
 
 
 
お子さんが小学生高学年以上と
なれば、大きなソファで
家族4人(兄弟2人の想定)が
横一列に座れるような
家具の配置に変更する
提案となります。
 
 
 
参考にしてください。
 
今回紹介した新型「島ソファ」は
「島ソファは大きいかな」という方には
もってこいのソファとなります。
ご検討ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ