ソファとデスクをドッキング!?背がないソファとデスクを組合せた家具の配置と使い方提案です! | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回のリビングダイニング空間は

フローリングとドアともに

クリエペール柄という明るい

ナチュラルカラーの内装で

リビングの隣に和室がある

間取りでした。

 

 

LDKで広さ16畳ほどの空間で

リビングダイニングで11畳ほど

でした。

 

今回はタイトルにも書かせて

頂きましたが、背もたれがない

フラットソファとデスクをドッキング

させた家具の使い方提案を

させて頂きました。

 

 

リビング空間はテレボードの背面から

和室までのスペースは二間、

柱芯から柱芯までが3640㎜という

広さで、有効寸法はおおよそ3m50cm

ほどの広さでした。

 

 

そんなスペースに

幅170㎝奥行き100㎝のフラットソファと

幅180㎝奥行き42㎝高さ72㎝のデスクを

組合せました。

 

ソファの後ろにデスクを設置し

ワークスペースとする提案です。

 

 

有効幅3m50cmの空間に

スツールを置くスペース50cmほど

デスクの奥行き42㎝

ソファは奥行き100㎝ありますが、

デスクの間にソファを押し込むことが

できるため

ソファとデスクが少し重なった状態です。

 

 

この使い方でソファ前にアクセントラグ

の大きさほどの空間が残ります。

 

 

この使い方は

ソファの背がないことで実現可能な使い方

こんな使い方もありではないでしょうか?

 

BIGJOY流に家具を設置すると

こんなソファとデスクの組合せ方も

提案できます!

 

 

ソファを掃出し窓側を背として配置し

デスクと90度交差するように設置します。

 

 

冬の直射日光で光ってしまい

分かり難いと思いますが、

ソファとデスクがL字型になっております。

 

このように配置することで

先程の使い方はスツールに座る人と

ソファに座ってデスクを使う人と

向かい合って座る形となりましたが

 

 

L字型に配置すると

スツールをデスクの両側に置き

対面型としてデスクを使用する

ことが出来ます。

 

 

さらにこの家具の配置とすることで

ダイニングとソファの間が広くなり

お部屋も広い印象となりました。

 

 

 

今回クリエペール柄の内装に

オーク材の家具を中心に

ナチュラルカラーの家具をチョイスしましたが

 

ビーチ材のデスクはややホワイト塗装された

ような明るい色目で

オーク材のクリア色と比べると

やや白い印象があり、

お部屋の中ですこし浮いた存在となるかと

思い、細かい配慮ですが、

 

 

チェア4本のうち1本を

カバ桜材のホワイト塗装されたものを

置き、ナチュラルカラー3本

ホワイトカラー1本で構成することで

 

 

ホワイト色のようなデスクと

チェアを合わせる提案をしました。

 

 

オーク材のナチュラルカラーと

ホワイト色がかったナチュラルカラーと

ライトグリーン色をテーマカラーとした

素敵なコーディネートを提案できました。

 

ダイニングセットはアーチ型の

背もたれがかわいいウィンザーチェアを

4本揃えとても素敵な住空間を

演出することができました。

 

 

やや狭い印象もありますが、

ソファのあらたな使い方で

こんな家具の配置ができるという

ことを知って頂ければと思い

ご紹介させて頂きました。

 

 

参考にしてください。

 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ