ソファの向き・設置場所、ダイニングテーブルの向き・設置場所について考えてみましょう! | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回のLDKは

ウォールナット源平というフローリングに

ドアはダルブラウン色という内装で

グレー色のカーテンが付けられた

内装でした。

LDKに隣接する和室は30㎝

高く設置されている住空間でした。

 

今回はコーディネートの提案より

家具の配置について

お話しできればと思います。

 

ブログのタイトルにも書かせて

頂きましたが、

ソファの向き、設置場所

ダイニングテーブルの向き、設置場所

についてお話させて頂きます。

 

 

今回のリビング空間は

いつもの柱芯から柱芯が3640㎜

(910㎜を4マス分)

ではなく、455㎜広い4095㎜という

間口のリビング空間で

4095㎜×3640㎜の広さでした。

 

玄関ホールから入ると

広い壁面、その奥に和室が広がる

住空間でした。

 

この間取りの場合

ソファをどこに置くといいか?

と考えました。

テレビボードを置く位置は

玄関ホールから入って正面の

広い壁面、

 

 

その正面にソファを置くと・・・

 

ソファの背面に通路が必要と

なるため、奥行き90㎝のソファの後ろに

通路75㎝~80㎝ほど必要となります。

玄関ホールのドアからテレビボードの

背面の壁までは350㎝なので

350㎝-90㎝(ソファ)-75㎝(通路)

それからテレビボードの奥行き45cmほど

引くと・・・

350-90-75-45=140となります。

つまり玄関ホールから入ってすぐ

ソファの背中となる場合

ソファ前の広さは140㎝ほどとなるのです。

 

そのため、この間取りで

BIGJOYが考えたソファの配置は・・・

 

ここです。

 

 

和室に背を向け

大きな掃出し窓を見るように

ソファを配置することで

 

 

玄関ホールからリビングへ入ると

とても広々とした空間と見えること

でしょう!

 

 

ソファはテレビボードの正面に

置く方がいいとは思いますが、

空間を広く見せ、広く使う

使い方も重要です。

 

みなさんはどちらがいいでしょうか?

 

 

さて今度はダイニングです。

今回のダイニング空間は

柱の芯から芯が2400㎜×2730㎜

という住空間で

3つの窓がある壁面が2730㎜

(柱芯から柱芯)

キッチンカウンターから窓まで

の奥行きが2400㎜というスペースでした

 

 

今回は照明の向きに合わせて

ダイニングテーブルを設置しました。

 

 

間口が広い方向にチェアを

引くことができるよう

ダイニングテーブルの向きを縦に

置く形です。

 

 

しかしながら

今回のダイニング空間には

キッチン横に奥行き30㎝の

棚がついているので

キッチン側のチェア後ろのスペースが

やや狭く感じてしまいました。

 

 

そのため、このダイニングスペースで

あればダイニングテーブルの向きを

横向きにする方が

広く使用できると思いました。

 

 

このようにテーブルを配置することで
ダイニング横のスペースも
広々となります。
照明の向きは90度付け替えができる
ため、コーディネート終了後
取付位置を変えるそうです!
 
 
もしテーブルを縦置きする場合は
片側をベンチすればよかったとも
思いました。
 
 
 
家具の配置は
リビング空間の広さ
ダイニング空間の広さ
だけではなく通路、家具の大きさを
しっかり考えた上で決めて頂くことを
オススメします。
 
 
参考にしてください。
 
 
 
 

 

 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ