カバ材のフローリングに少し着色したオーク材を使用したダイニングセットを提案したコーディネート | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回の住宅の内装はカバ材の

クリア色のフローリングに

テレビボードなどの造り付けは

ゴム材をライトオーク色(VATON)

に塗装した内装でした。

 

 

建具の色は事前に把握することが

できませんでしたが、

現場へ行くとややウォールナット

ブラウン色のようなドアや収納扉が

取り付けてありました。

 

 

今回は造作のテレビボードの色が

VATONのライトオーク色という

ことだったので、ナチュラル色でも

やや色のついた造作家具や棚板

(ニッチの笠木も)であることを考慮して

オーク材でもやや着色した

家具をチョイスしました!

 

(リビングテーブルもやや着色した

オーク材のテーブルを提案)

 

 

ダイニングスペースにはニッチ収納

スペースがあり、

 

 

その笠木の色が

ライトオーク色でしたので

やや着色したオーク材の

ダイニングテーブルはいい感じ納まりました。

 

 

 

 

ダイニングのチェアは脚部分が

クロスしたデザインで

やや太い印象もあり、重厚感のある

デザインだったので

 

 

ソファも重厚感のあるイメージの

タイプを提案!

 

 

肘部分の無垢材が40㎜(4㎝)ほどの

厚みのある重厚感のあるデザインの

ソファを提案!

 

 

背中も幅広の板を使用した

しっかりとしたソファを提案させて頂きました

 

 

今回の間取りは間口が3m50cmほどの

広い空間でしたが、玄関ホールから入って

正面にソファとなるため、

ソファのサイズをやや小ぶりな幅(180㎝弱)

とし、ソファ横に一人掛けの

パーソナルチェアとサイドテーブルを

提案しました。

空間に対してソファをやや小さくし、

リビングが狭く感じないよう

配慮させて頂きました。

 

 

 

パーソナルチェアはお部屋に

アクセントをつけるためブラック色

を提案させて頂きました。

 

さらに・・・キッチン横の畳コーナー

横にデスクを設置!

 

 

デスクの置き方を2パターン

提案します!

 

① デスクを壁につける

 

 

② デスクを畳コーナーにくっつける

 

 

 

今回の畳コーナーは高さ30㎝の

畳コーナーなので

 

 

高さ10㎝ほどの硬めなクッションが

あれば対面型のデスクとして

使用できると考えました!

 

 

 

この畳コーナーの出は壁から

91㎝ほどでしたが、

壁に幅木があることを考えると

壁にぴったりくっつけて

幅90㎝のデスクを置くことができますが

今回はBIGJOYオリジナル仕様の

幅86㎝のデスクを提案!

畳コーナーの端に少し余裕のある

形で置くことができます!

 

このデスクを壁に設置する場合も

畳コーナーから階段下収納の扉までが

91㎝ほどだったため

幅86㎝のデスクが余裕をもって納まります

 

 

家具は壁に置く!という固定概念を

持たず、家具を間仕切り的に使用する

事もできるという事を提案したかった

のです。

 

 

 

今回も素敵なコーディネートを提案する

ことができました。

 

参考にしてください。

 

 

 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス