ノーチェ柄(クルミ柄)の床に経年変化したウォールナット無垢材の家具が合う! | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します!

 

 

今回のコーディネートは

フローリングの色と家具の色を

合わせたコーディネートをご紹介します

 

リビングダイニングに使用されている

フローリングは住友林業クレストの

ベリッシュシストS-Jという床で

色はノーチェ柄でした。

 

 

みなさんはノーチェ柄とは

どんな意味かご存知ですか?

ノーチェとは

イタリア語でクルミ(胡桃)の事です。

クルミは北半球の温帯地域に

広く分布しているそうで(Wikipedia参照)

 

北米の胡桃はウォールナットといい

やや黒いこともありブラックウォールナット

と言われております。

ブラックウォールナットと比べると

西ヨーロッパの胡桃はやや茶褐色で

ブラックウォールナットよりは

黒みがありません。

 

今回、フローリングで採用された

ノーチェ柄は西ヨーロッパのクルミ柄

となると思います。

そんなフローリングに合う家具は・・・

 

「ブラックウォールナット」です!

 

 

先程、ブラックウォールナットは

やや黒いという表現をしましたが、

確かに初めは色が異なりますが、

ブラックウォールナットが経年変化を

すると黒さ加減がやや弱まり

明るくなるのです!

 

そんな経年変化後の

ブラックウォールナットがノーチェ柄の

フローリングにはピッタリなのです。

 

今回、提案した家具は

BIGJOYのショールームですでに

経年変化をしたブラックウォールナット

材の家具となります。

 

 

テレビボードの天板や前板

ソファの肘

リビングテーブル、ダイニングテーブル

の天板面は経年変化をした

ウォールナット材なのでやや明るく

なっております。

 

 

BIGJOYへご来店頂いたお客様の中には

「ウォールナットってこんな色に

なるんだ!」

と言われる方もいらっしゃいます。

 

ちょっとややこしい話ですが

すべてのウォールナット材の家具が

ここまで明るくなるわけではありません。

 

 

ウォールナット材の家具には

木材の表面にやや色を加えた塗装を

する場合と

無着色、クリア色の塗装と2種類

ございます。

 

前者の色を加える塗装は

ウォールナット独特の色ムラ感を

無くすため、全体的に茶色を加えて

色のばらつきを抑える効果があります。

お化粧で例えると、

しっかりとファンデーションを塗り込む

感じでしょうか?厚化粧!

(私は男なのでお化粧はしないので

表現が間違っているかもしれません)

 

それに対して後者の無着色の塗装

というのは、お化粧でいえば”薄化粧”

ナチュラルメイクのようなもので

ウォールナットそのものの色ムラも

含めて素材の良さを活かす塗装です。

 

後者の無着色、色を加えない塗装の

ウォールナット材の家具が

経年変化で変色すると色が明るく

なるのです。

 

今回は、「そんな明るくなった色が

ノーチェ柄のフローリングには合う!」

という提案です。

 

 

つまり、初めはブラックウォールナット

無垢材の家具はフローリングよりも

やや黒く、床の色と家具の色が

ピッタリではありませんが、

数年後にピッタリとなる計算です!

 

 

今回はフローリングがノーチェ柄

ドアや建具はホワイト色という

明るい内装だったので

チェアのファブリックはアイボリー色

とし、

ソファはキャメル色のレザーを

提案しました!こちらのキャメル色も

経年変化後の色で、色が薄くなって

おります。

ウォールナット無垢材とキャメル色の

レザーの相性も良く

とても素敵なコーディネートを提案

することができました。

 

 

インテリアショップBIGJOYでは

ウォールナット材の家具を販売する際には

出来る限り、その経年変化をお伝えする

ようにしております。

是非、ご来店の際は弊社スタッフに

木の事、家具の事、家具の使い方・配置術

などいろいろな情報を聞き取って頂ければ

と思います。

 

 

いつも心がけている事ですが、

お客様はせっかく時間を割いてご来店

頂いたのだから、ひとつでも多くの情報を

お持ち帰りいただき、

「わざわざ遠くから来たかいがあった」と

思ってもらえるような、新しい情報を

お伝えするためしっかりと接客するように

しております。

 

独自に、自由に家具を見たいという

方もいらっしゃると思いますが、

弊社はおせっかいかもしれませんが、

せっかく時間を割いてきてもらっているので

BIGJOYらしい提案、情報を

お伝えできるようしっかりとお相手させて

頂きます。予めご了承ください。

 

 

ここ最近は、北海道札幌市や青森県

からもわざわざ来て頂いた事例もあります。

そんな方にも「来てよかった」と

言ってもらえるよう、しっかりと木の話

家具の話、家具の使い方や配置術の話など

BIGJOYオリジナルの提案をさせて頂きます。

 

是非、ご遠方でもご来店ください。

おまちしております。

 

 

 

 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス