間取りを活かした家具の配置術をご紹介!半楕円形のダイニングテーブルだからできる家具の配置術 | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回はクリエラスク色のフローリング

クリエラスク色のドアという内装で

 

 

リビングの大きな壁面は

ブルー色のアクセントクロスが

貼られたリビングダイニング空間でした。

 

 

ブルー色のアクセントクロスは

FE-1043 (サンゲツ)です。

 

キッチンの裏面パネルや和室の建具

はクリエペール色という明るい色

という事もあり、ナチュラルカラーの

インテリアでコーディネートさせて

頂きました。

 

 

今回は色・コーディネートの話ではなく

家具の配置術にスポットを当てた

コンテンツをご紹介します。

 

なぜ家具の配置術について

お話するかというと・・・

それは、間取りに特徴があるからです。

 

そんな間取りがこちらです。

 

 

特徴的なのが、

キッチンの背面からアクセントクロス

までのスペース(青色のTVマークまで)

玄関ホールから入ってきて

掃出し窓までのスペース

ともに5000㎜、5m以下という間取りで

L字型となっているLD空間でした。

LDKで17.6畳とそれほど狭くない

お部屋ですが、どのように家具を配置

したらいいか?少し迷いました。

 

そこでBIGJOYが考えた家具の配置が

こちらです!

 

 

半楕円形のダイニングテーブルを用いる

ことで斬新な家具の配置を提案しました。

 

 

ブルー色のアクセントクロスの壁面が

5m弱、4m86㎝と広い壁面ということもある

ので、こんな家具の配置を提案しました。

 

キッチン裏のスペースに

幅86㎝高さ70㎝のハチロクシェルフを

2本設置し、

 

 

キッチンとダイニングテーブルの間を

キッズスペース、子どもの遊び場とする

家具の配置術です!

 

 

キッチンの幅は2m65㎝ほどで

幅86㎝のシェルフを3つ並べると

1.5㎝家具が出っ張ってしまうため

2本並べることとしました!

 

ソファのすぐ後ろにダイニングテーブル

を設置するという家具の配置で

 

 

ソファに座るとダイニングテーブルの

天板面がサイドテーブルとして

使用できます!スマートフォン置き場、

テレビのリモコン置き場にもいいかも

しれません・・・

 

 

こんな家具の配置をはじめに

ご紹介しましたが、

この家具の配置も提案のひとつです。

 

 

BIGJOYらしい家具の配置術は

一通りの家具の配置ではなく、

何通りもの家具の配置を

提案することです

 

こちらをご覧ください。

 

 

キッチン横の畳コーナーを子どもの

遊び場とする家具の配置提案で

 

 

ソファ前、ソファ後ろと3か所の

キッズスペースとなる家具の配置です

 

 

この配置が最もお部屋を

有効活用できる家具の配置と思います。

初めの提案はあくまで

「こんな使い方もできますよ!」という

家具の配置術となります。

初めの斬新な家具の配置のまま

キッチン横の畳コーナーを活かすため

の家具の配置提案だけであれば

 

 

こんな感じとなります。

キッチン前のスペースから畳コーナーが

つながる印象となります。

(すみません!話が少しそれました)

 

 

2つ目の家具の配置で重要なことが

キッチンの背面とアクセントクロスの

壁までが4m30㎝しかないということです。

 

 

通常キッチンのすぐ隣に

幅150㎝のダイニングテーブルを置き

ソファを置く場合は5mほど

必要と考えます。

 

 

今回の間取りは5m以下、4m30㎝ほど

の空間だったため

半楕円形のダイニングテーブルをチョイス

テーブルの寸法を1m10㎝ほどに抑える

ことで、リビングスペースを広く使用する

という家具の配置術となります。

 

 

このように間取りの特徴を活かす

家具の配置術は半楕円形の

ダイニングテーブルが可能としてくれます

 

家具の置き方に合わせて

家具を選ぶという選び方もあるので

参考にしてください!

 

 

さらに・・・こんなことも考えました。

和室のシェルフはソファ後ろに

設置するプランです。

 

 

ソファ後ろのスペースを幅172㎝空けると

幅86㎝の収納家具が2本置けます!

 

 

この家具の置き方こそ

L字型で各壁面が5m以下という

特徴的な間取りを

最大限生かす活用術かもしれません。

 

 

インテリアショップBIGJOYでは

間取りに合わせて家具をどのように

配置したらいいか?

間取りを活かす家具の配置術は

どんな配置方法があるか?

 

アイディアを提案しております。

 

お部屋をどのように活用したらいいか

悩んで見える方は是非

BIGJOYにご相談ください!

 

 

でも本当は、家具から始まる家づくり

間取りに家具のサイズや置き方を

合わせるのではなく、

家具の使い方、大きさに合わせた

間取りとなっていることが

理想です。

 

 

 

もし、こちらのブログをご覧頂いている方

で現在家づくりを進行中であれば

間取りを確定する前に

是非、インテリアショップBIGJOYへ

ご相談ください。

その間取りが家具を置きやすいかどうか?

セカンドオピニオンとして

アドバイスさせて頂きます。

 

 

きっと家具から始まる家づくり

 

参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス