家づくりの参考になる間取り!を家具屋の目線からご紹介 広いリビングでも小さなソファとなる間取り | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回はコーディネートの視点からのお話と

家づくり、間取りについてのお話の2つの

事柄を取り上げてお話させて頂きます。

 

まず初めに間取りについてです。

今回の間取りは、これから家づくりを

される方、また現在進行形の方には

とても参考になる間取りです。

 

みなさんにとって理想の間取りとは

どんなまどりですか?

私達、BIGJOYが考える理想の間取りは

家具が置きやすい間取りです。

つまり道具が使いやすい間取りである

ことです。

 

今回はこちらの間取りに家具を

コーディネートさせて頂きました。

 

 

今回の間取りは一見いい間取りそうですが

家具屋の目線から見ると

ちょっと気になることがあるのです・・・

それは・・・

 

広いリビングなのにソファのサイズが

小さくなってしまう…

 

ということです。

 

この間取りについてBIGJOY流の視点から

気になるところを、紹介させて頂くと・・・

下の図をご覧ください。

 

 

ソファの前はもちろん、左右、後ろと

ソファの四方すべてが通路、動線です。

 

今回のリビングは間口が3m70㎝ほど

キッチン横の格子の壁からテレビボード

の背面の壁までは3m50cmほどという

広いリビング空間ですが、

 

ソファに座って右肘は

玄関ホールからキッチンへの動線

 

 

ソファに座って左肘は

ダイニングから2階の階段への動線

 

 

ソファの背面はキッチンからダイニング

への動線

 

 

となるためせっかく広いリビングでも

通路をマイナスしたスぺースにしか

ソファを置くことができないのです。

 

あくまでこの考え方は通路を最優先した

考え方で、BIGJOYが間取りを見て

家具のご案内する時に、考える手法です。

家具を置くことができるスペースは

すべての通路動線、スペースをマイナス

した位置にしか置けないとまずは考えます

 

この考え方から言えば

下の図のように、ピンクに塗られたスペース

はすべて生活動線となります。

 

 

今回のケースは玄関ホールからリビングへ

入って左側に構造壁があるため

ソファを設置した場所は、おおよそ3m05㎝ほど

ソファの左右に通路(動線)として70㎝ずつ

スペースを確保すると・・・

 

3050㎜-70㎜-70㎜=1650㎜

 

となります。

今回、提案したソファは2.5人掛けで

幅は165㎝となります。

広いリビング空間ですが、通路の関係で

2.5人掛けの幅165㎝のソファが

このリビングには適したサイズということと

なります。

 

 

このような考え方こそ

家具屋の目線で間取りの良し悪しを

検証するという、家具から始まる家づくりなのです

 

そんなリビングに対してダイニングは・・・

 

とても理想的な広さのダイニング空間となります

 

 

キッチンカウンターがなければおおよそ3mの

正方形のダイニング空間ですが、

今回は奥行き30㎝ほどのキッチンカウンターが

設けてあったので

キッチンカウンターから腰窓の壁までが

2m80㎝弱ほど

リビング側の壁からダイニングの奥の壁までが

3mほど

というダイニングスペースでした。

 

この広さがあれば・・・

家具屋目線でいえば理想的なスペースで

何が理想的かというと

ダイニングテーブルの向きが

東西方向、南北方向のどちら向きでも置くことが

できるのです。

 

 

 

今回の間取りで家具をコーディネートすると

写真映えするのは・・・

 

 

こちらの向きです!チェアの背板がきれいに

みえるため、インスタ映えするような

気がしました。

 

 

食事中に行儀が悪いかもしれませんが

家族みんながリビングのテレビを見たい場合は

こちら向きがいいですよね!

 

 

BIGJOYではそんな使い方をイメージして

間取りにどのように家具を配置したらいいか?

というアドバイスをさせて頂いております。

家具屋さんでよくあるアドバイスは

気にったソファがお部屋に入るかどうか?

だと思いますが、

BIGJOY流は気に入ったソファが入るかどうか

ではなく、このリビング空間ならば

何センチまでのソファが理想的とアドバイス

をさせて頂きます。

 

そのアドバイスの基準となるのが

動線、通路スペースを差し引いたスペース

となります。

 

 

家具をご検討されている方、

すでに引っ越したけどなんだかしっくりこない方

は是非、BIGJOYの来店予約をして頂き

家具の配置アドバイスを聞いて頂ければと

思います。

来店予約はこちらから

 

来店される方が優先となりますが、

ご遠方の方はメールなどでもアドバイスを

させて頂きます。(条件付きで)

メールで問い合わせしたい方は

info@bigjoy.biz

までお問い合わせください。

 

冒頭に2つの点についてお話させて頂くと

申し上げました。

もう一つはコーディネートという視点で

お話させて頂きます。

 

今回のリビングダイニングには内装面で

大きな特徴がございます。

家づくりをされる方がどんな壁紙を

選んだらいいか?こんな壁紙を選んで

大丈夫か?と不安になることがあると思います。

そんな不安になる方の多くが

今回のような壁紙を選ぶのではないでしょうか?

 

それは・・・

 

選ぶ壁紙はあまり濃い色を選べない・・・です

 

 

私自身もBIGJOYの改装に当たり(今から8年前)

壁にペンキで色を付けましたが、

濃い色のペンキを選ぶことができず、

薄い色で壁を塗装しました。

 

すると、薄り色の壁はとても白っぽく見えるため

アクセントとならないほどでした。

 

今回のリビングダイニングも

同様で、薄目な壁紙が選ばれており、

アクセントというものではなく、ちょっと変化を

付けた内装という印象でした。

 

壁紙の詳細はわからないのですが、

テレビボードの背面が薄いグレー色

 

 

キッチンの背面、カウンター下の壁が

マントルピースのように中央を凹ませ

回りをコンクリート柄の壁紙で

中をベージュ色の壁紙が貼られておりました。

 

 

リビングダイニング全体は明るい印象で

コンクリート柄のグレー色がやや目立つ程度

 

 

BIGJOYがチョイスした家具も

オーク無垢材のナチュラルカラーに

ソファのクッションカバーやチェアの張り生地は

グレー色やベージュ色を提案させて頂きました。

 

この内装に、この家具では色が薄すぎると思い

ソファの背クッションにブラック色を取入れ

 

 

ダイニングテーブル上のインテリア雑貨にも

ブラック色を少し取り入れました。

 

 

こうすることで少し締め色が入り

ぼんやりとした印象となるところに

少しアクセントとつけることができた

かと思います。

 

参考にしてください!

 

 

 

 

600例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!

新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ

無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

 

 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス